FC2ブログ
憂き身を窶す丑三つ時//面白い夢を見たときは、忘れないようにしたいものです
2005/05/31 (Tue) 名器

spec_ph04.jpg


大学に入ってからボールペンを使うようになった。

そして最近はこのユニボール シグノ のお世話になりっぱなしである。

僕は男なのに結構文房具屋に行っていろめきたったりするのだが、いくら試し書きをしても このシグノにめぐり合った時の鮮烈な印象を超えるものは現れない。

理系なのでガンガン数式とか添え字とか出てくるのだが、太すぎてにじまず、細すぎて字がつぶれる、ということも無い。

完全無欠の一本である。確かにこれを使ってから成績が上がったような気がしないでもない。

いとこが今年高校受験だから、薦めてみようかなと思う。

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(2) |


2005/05/30 (Mon) 舞台栄え

今日はさっきの週末をだらだら利用して作った資料の発表の日だった。

僕は発表の準備を7割くらいでやめる。何を言ったらいいか分からないようなところを若干残して本番に臨むようにしている。

そういう時のアドリブに頼っている時のドキドキ感。
『え~っと。』とか言いながら次に言うことを探す時のあせり。

そういう時に普段はぼぉーっとしている頭がすごい動いてるなぁってのが感じられてるのも、なんか嬉しい。発表終わった後に、やれば出来るじゃん、て自分を誉めてあげたくなる。

しかしながら、発表の途中にパソコンのバッテリーが切れたのは焦った。

結局その後の5枚分くらいは、青い光みたいなのがぼぉっと照らすスクリーンを当ても無くポインターを彷徨わせながら、誰とも目が合わないようにしゃべった。

そういや、外人の先生がスピーチの時は、人の目を見て話せって言ってたけど、そんなことしてる場合じゃないよね。基本的に。僕だって、遊びじゃないんだから。


未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2005/05/30 (Mon) 外人

今日バイト中、良い外人が来た。良い、悪いという評価を僕の一存でつけてしまうのは心苦しいが、確かに良い外人はすばらしく良いのだ。

良い外人は入ってきた瞬間違う。僕の顔を見てにこっとする。そして僕もにこっとする。このときはまだ僕は『いらっしゃいませ~』と言う。『Hello』と言いたい気持ちをぐっと抑えて、後に爆発させればいい、今は様子を見ようという態度を取る。

そしてしばらく見ていて、かばんとか挙動とかでなんとなく日本語の使い手かそうでないかが見えてくるので、お会計の時には英語か日本語か決めて臨むことが出来る。

まあ大体良い外人というのは日本語が話せない。言葉が通じないからこそ表情や態度で互いを理解しよう、理解させようとするのだと思う。大して英語が話せるわけではないが、出て行くときに『See you!!』と言って、向こうも振り向いて『See you』と返してくれて、また目が合う。そうやって、なんか妙な意識を持たずに素っ裸で人に接することが出来た時、普段はつまらないコンビニのバイトに最大のやりがいを感じる。

今日はそんなことがあったもんだから上機嫌で、店長に来週シフト代わりに入ってくれないかなって言われて、二つ返事でOKと言ってしまった。

いい外人がまた来ますように。

Keeping my fingers crossed

未分類 | trackback(0) | comment(2) |


2005/05/28 (Sat) Giant squid!!

20050528233534.jpg


いやあ、見に行きましたよ、ダイオウイカ。

上野公園の中にある国立科学博物館の中に奴は幽玄に眠っていました。

僕とダイオウイカのファーストコンタクトを記録に残して欲しかったので、タモリクラブ好きな朝海を誘って行った。
この前タモリクラブでイカをやってたので、食いつきは非常に良かったな。

そして今日は妙に良い匂いがしたが、俺に気があるんじゃないかとちょっとどきどきした。

なんか、今は博物館では世界最大のティラノサウルスの化石が展示されているらしく、恐竜とかにもっとも関心を示す子供達とその家族でにぎわっていました。
残念ながら別館の恐竜博は並んでて面倒くさかったので見られなかったが、本館の地下にもでっかいティラノサウルスやトリケラトプスもどきやでくのぼう系のやつとかが展示してあって、結構それで満足した。

なんか各展覧物を紹介するビデオみたいなのがあったが、日本人が説明
してるやつと外人が話してるのを訳したやつと2種類あったが、なんだか
外人のやつの方が説得力があるような気がしてならなかったのが、
悲しい。朝海に聞いてみたら、
『言われてみれば、私もそう思う~』
みたいに言ってたので、僕の単なる先入観ではなく、社会に植え付けられた意識みたいになっているのではなかろうか。

そして、まぁ色々なものを見て知識というものを貯め込んでいるうちにいよいよダイオウイカの登場。

でかっ!! いや、案外小さっ!! でも上に並んでるスルメイカの500倍はでかいだろうな。

写真は僕が手前にいるから、いまいち大きく見えないけど、結構な年であんだけ大きいなら全盛期はきっとすごかったのだろう。違う形で会えたらよかったのに。

でも、まずそうだなぁ。

その後飯を食ってお腹一杯になって、でも朝海があんみつを食いたいとごねたので、白玉あんみつを腹にねじこんだ。

下北沢にロックな店主の経営するあんみつ屋があったのを思い出して結構上機嫌で食べていた。また行ってみたい。


そして行きたいというなら、次はアメリカの博物館にいるもっとでかいダイオウイカを見に行くぞ。

ぱぁーっとお金増えないかなー

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2005/05/27 (Fri) 拝啓

今日あるところで宮崎在住のビール好きの人を見かけたら、無性にビールが飲みたくなったので日暮れ頃『第三のビール』を買いに出かけた。

七分袖に、ハーフパンツに、ビーチサンダル。何て無防備な格好だろうと内心不安な気持ちで自転車に乗る。

夕暮れ時に自転車を走らせるというのはいくつになっても気持ちのいいことである。対向してくる人達の顔に夕日があたってかたや楽しそうな、かたや陰鬱な感じになってたりして、一見しただけでその人の何かをつかんだような気持ちになれるのも好きだ。

目的のお店に着くと、『第三のビール』は6本で638円だった。何て安いんだ。ジュースより安いじゃないか。んでまぁレジに行くと、そのレジ
には僕が小六の時に確か小2か小3だった、結構かわいがっていた子がいた。
『あーあ』と思った。うちの地域は治安があまりよくなく、地元の中学
に進学した子は大概ぐれる。そして、その子も我が自治体のステレオ
タイプとしてしっかりぐれている感じだったのだ。お前それ、
18歳の目じゃないだろ。もっと楽しいことあるだろう。

風を切りながら飲む『第三のビール』は少し苦味が強かったです。


全然関係無いけど、今日本棚を整理したら『罪と罰』が出てきた。多分読んだのは学部の2年の時だったと思うけど、こんな長いもんよく読めたなぁ
と思った。あの頃はエネルギーに横溢していたのだろう。まぁネタがばれて
たらあんまり面白く無さそうだから、もう一度読む自信は無いけど、
気が向いたらまたちょっと読んでみよう。

『地下室の手記』は結構手元においてかわいがってるのに、本当悪いことしたなぁと思ってます。

ドストエフスキー先生ごめんなさい。

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2005/05/26 (Thu)

なるほど。自分で時間を指定すれば、ちゃんと今日のうちにやったことになるんだな。

なんかいつもブログをつけるのが夜中だから、次の日のことみたいになっててイライラしていたのに・・・こんな便利なことが出来るのなら学校で教えてくれればいいのに。

今日はすげえ天気が良かった。疲れたから外を散歩していたら夏みたいな匂いがしたので、ちょっと嫌な気持ちになった。

半袖を着るようになったら、また腕周りのおしゃれをかんがえなくてはならない。まぁ、別におしゃれな人では無いのでいいのだが、なんかつけないと寂しい気はする。時計はつけたくないしなぁ・・。そのうちおしゃれな人達がまたあの手この手で画策してくるだろうから、それを参考にすればいいや。

柔軟をやりすぎたみたいで股関節が痛くなったので、2,3日柔軟を怠っていて、今日また復帰してやってみたら、もう固くなっていた。そんなに厳しいのかよ、と泣きたくなってしまったが、まぁ21年間固くなっていたんだからそんくらいの報いは受けようと思う。また明日から頑張ろう!!

早く柔らかくなりたい

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2005/05/26 (Thu) くたくた

今日は朝から学校があってヘビーだった。

10時から外人のわけの分からないセミナーを英語で聞かされ。

二時から先生と3時間弱研究のことをディスカッションして。

もう帰りたいと思っていた頃に、村田から連絡が。

「今から柏で高校の同級生で集まってちゃかちゃかやろうよ」
とのこと。

もう何も頭に入らないと思ったので、急いでちゃリンコに乗って柏へと向かう。柏まではキャンパスから自転車で30分くらいあるのだが、その道中は起伏とかに富んでいてなかなか楽しい。途中関係無い大学の中を通って、かわいいなぁ~なんてくだらない観察をしていると、いつの間にか柏に。

村田と合流すると、残りの二人が来るまではまだまだ時間があるというので、「第三のビール」と称される大豆とかえんどう豆から抽出したビールもどきを公園に寝そべりながら飲む。最近はこういうのが一番楽しい。あんまり、魚民とかは行きたくないね。

そしてやっとみんな揃ったところで、ほんじつのメインイベント安楽亭へと向かう。柏駅近辺には二つ安楽亭があるのだが、今日はなじみのない安楽亭に行くことに。正直ちょっとテンション下がった・・・がそんなのもつかの間。オーダーした豚足がテーブルに届いた瞬間に村田と僕は爆発した。疲れなんか吹っ飛んでいった。

本当、豚足には助けられてばっかだ。

あー楽しかった。牛角とかちょっとこじゃれてて行く気にならない。焼肉なんか安くて楽しければいいのだ。まずいくらいが一番盛り上がるのだ。そうして僕は年をかさねてきた。これからもそうだろう。


あーでも、酒飲んじゃっし車だから家に帰れない。早く酔い覚めないかな。家に帰りたい。でも、このまま楽しい気分に酔っていたい気もする。

みんな帰って誰もいない研究室。せっかくだから、音楽をガンガンにかけて、いつもの沈黙で押し沈んだ空気を目覚めさせとこうと思う。

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2005/05/25 (Wed) マイカー

東京の方のキャンパスじゃない時は、車で柏にあるキャンパスまで行く。研究室に配属された者だけが勝ち得る特権なのだという。

まぁでも、電車通学も車通学もどっちも良いところがあるなぁ。

電車通学はヘッドホンして本読んでれば、何時間だってへっちゃらだし、
一方、車通学は音楽にあわせて大声で歌えるし、いつもと違う道で帰って気になる店があったら立ち寄ったりする楽しみがある。まぁでも、帰るの遅くてお店閉まってることの方が多いのだけど。

今日は車で学校に行って、雨降るのなんか全然知らなかったから、車でよかったなぁと思った。

帰り道にグリーンデーを大声で歌ってやりましたよ。赤信号を突っ切ってしまいましたがね。

パンクですなぁ

未分類 | trackback(0) | comment(4) |


2005/05/24 (Tue) さぁ やってきました

daikokuyam2.jpg



最初に見切り発車で作りまくったカテゴリーの数々。ようやく、このラーメンを使うことが出来て僕はとても晴れ晴れしく思っています。今日を僕の誕生日としてしまってもいいくらいです。

さて、このカテゴリーでは、美味しいラーメンを食べた時にその感想を食べてみたり、良く行くラーメン屋で常連になるための軌跡を追っていったりしたい。

そして、今回は後者である。

ずばり、ゴールは店主に
『らっしゃい~、もずくさん。最近来てくれなかったから寂しかったですよ』と呼ばれることである。

あの店長は人見知りしそうなタイプなので、その口からこれが聞けたら面白いだろうなぁと思う。

そして、これまでの軌跡だが、僕はこの大黒屋本舗という松戸一、いや千葉県一、いや関東一といっても過言ではないラーメン店にすでに10回以上行っている。僕はいつもファンキーな格好をして足を運ぶので、顔くらいは覚えてくれているのだろう。

『いつもありがとうございます~』

くらいの挨拶をしてもらえるようになった。そして、今日また友達と足を運んだ。前回行ってからまだ二週間しかたっていない。

その友達とも目的についてのコンセンサスはとれているので、今日はお互いちょっと大きな声で名前を呼び合って、名前を覚えてもらおうと努力する。

そして、今日思い切ったのは、野球部とかの大食いで知れるキャラでも恐れを抱くような大盛りを頼んだのだ。これを食いきればきっと、店の中での株も上がるに違いない。

食券を渡すと店員が『かなり多いですけど、大丈夫ですか?』と聞いてくる。『この日のために、三日間飯食ってないので大丈夫です』と返す。

良いんだ、良いんだ。こうしてコミュニケーションとっていけば良いんだ。

実際出てくると、めちゃめちゃ多かった。今も気持ち悪い。でも、僕の完食を見た店主はえらくご機嫌だった。

Dreams come true!!

そうそう、今日コンビニでトイレ借りて、扉をガラって開けたら下半身すっぽんぽんの女子高生入ってて・・・。

逃げるようにして、何も買わずに出てったけど、その後2時間くらい勉強が手につかなかった。
なんか、俺が悪いようで・・。とりあえず、謝ります。

ごめんなさい。

ラーメン | trackback(0) | comment(4) |


2005/05/23 (Mon) 一生大事にしたい一枚

20050523092851.jpg


音楽を聴いていてたまらなくなるのは、これすげえ、と思うような曲との出会いである。CDも一杯あるし、ラジオも聞いて、耳に音楽が入り込む機会が多いので、自然に情報を拾ったり捨てたりするようになっていて、最近じゃ曲名を覚えたりすることなんかほとんどなくなったけど、そういう名曲達だけは頭に焼き付いていく。

多分、曲にまつわる思い出とかそういうのを抜きにして、楽曲だけみたらこのxtcのthe mayer of simpletonという曲がベストだろう。

ポップで聞きやすい曲調ってのもあるが、何より歌詞がとても好きだ。この曲だけだと思う、歌詞カード見ずに暗誦できるのは。


Never been near a university, never took a paper or a learned degree.

And some of your friends think tha's stupid of me.
But it's nothing that I care about

Well I don't know how to tell the weight of the sun. Ansd of mathematics well I want non.

And I may be the mayor of sinpleton. But I know one things and that's I love you.

When their logic grows colod and all thinking gets done. You'll be warm in the arms of the mayer of simpleton.

I can't have been there when brains were handed round.o or Get pas the cover of your books profound. And some of our friends think it's really unsound that you're even seen talkng to me.

Well I don't know howw to write a big hit aon and all crossword puzzles well I just shun.

And I may be the mayor of simpleton. But I know one thing and that's I love you.



Well I don't know how many pounds make up a ton of all the nobel prizes that I've never won.

And I may be the mayor of simpleton, but I know one thing, and that's I love you~

あー楽しかった。

でも、こー、君に会いたい~とか、言わずにこんな風にさらっと愛情を表現するのは素敵だなぁと思う。なんか全然すれてなくて。

太陽の重さの求め方なんか知らなくって、僕は大ばか者だろうけど、君のこと好きだってことだけは知ってるよ。

僕が女の子で、こんなこと言われたら、結婚しようと思うだろう。僕もプロポーズする時、ヒントにしよう。

名盤 | trackback(0) | comment(2) |


2005/05/23 (Mon) 無邪気は狂気

今日の夢は、楽しいんだか悲しいんだかよく分からなかった。

時は、僕が高1の頃の話で、結構現実の物語に即してた。

学校終わりにいつものように、北千住の公園に遊びに行く。そしてその公園では、僕らの学年のごく一部のコミュニティでオフィシャルスポーツなっていたブランコジャンプをやることになった。

知らない方もいると思うので、ここでブランコジャンプについて説明しておこう。

ブランコジャンプとは、まぁ想像しているとおりなのだが、ブランコを漕いでその勢いで自分の体ごと中空へ舞うという、Xスポーツの中でもかなり危険度の高いものである。

・スタンディング
・シッティング

この二種目で、芸術点、技術点を競い合う。

僕は飛距離と高さで勝負するタイプで、村田はトータルファイターで、伊藤はスピンをこなす、・・・とか友達のうちうちにしてはかなりキャラ分けもしっかりしていた。

そんなこんなでお互い新技がどうこうだの、綺麗な軌跡はどうだの言い合っていると、(こっからが夢である)公園の掲示板に世界大会のお知らせが張ってある。4人1チームで参加することになっていて、参加したい人は当日時間までに会場に集まること、ということだった。

『よっしゃーー!!優勝するぞー!!』みたいにきゃっきゃっやりながら、大会への意気を高くしていると、僕らはまだ3人しかいないことに気づいて、『やばいやばい、明日までにもう一人見つけなきゃ』ってことになって。

んで、慌てて友達を誘いに学校に戻ってみると、いつもはみんなが1-3で遊んでても良い頃なのに誰もいない・・・。終わったー、なんてしょぼくれながら帰ろうとすると、有山先生が。

試しに誘ってみると、その日は暇だから良いよ、とのこと。でも、有山先生はでくのぼうみたいな人だったから、そのままもう一回公園に行ってお手並み拝見。

『・・・』

僕らは声を失った。有山先生のジャンプは、僕らとは次元が違っていたのだ。高さ、キレ、なんとか。空中でバク転したりしていた。

『何でそんなにうまいんすか?』って聞いたら、若い頃に大学でやっていたとのことだった。世界大会には俺よりうまい奴がごろごろいるみたいなことを言われて・・・。

結局それで、僕らはしょぼくれて、世界大会には出なかった。

あーあ、出たかったなぁ。

そして目が覚めた。

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2005/05/22 (Sun) 好きなタイプ

昼間友達とお茶をすることになって、当然若い男女、お互いの恋の話をしだす。

彼女はなんだか知らないが、とてももてるらしい。綺麗とか、そんなんじゃないけど、女の子らしいかわいらしさというのがあるのだろう。まぁ僕も結構好きだね、正直。

んで、今は彼氏がいるらしいが、他に好きな子が出来て・・どうしよう的なことを言っていたので、僕はこういう類の相談は苦手だから

『贅沢な悩みですねぇ・・・。僕なんか・・』

と自分の話に摩り替えることによって、なんか気の利いたコメントを残さなくてはいけないという責任を逃れることに。

彼女いそうなのにねぇ~、みたいな社交辞令を経て、話は僕の好みのタイプへ。

これ聞かれると、まじで困るんすよね~。

何と答えて良いやら。まぁ表向きには『眼鏡の似合う女性』ということにしてあるけど・・それはただ話を広げやすいってだけで、後でまた意味の無い会話をしてしまったと後悔にかられるばかりで。

本当のところどうなんだろうとかんがえてみることはあるものの。

頭のいい子は好きかなぁ。

眼鏡の似合う子は好きだけど、なんか別に外見とかそのうち飽きるし。

美味しそうにご飯を食べる子は好きだ。

あと、笑顔で話をする子は好きだ。

レストランで一緒にいる時に携帯チェックする子は嫌いだ。


あとは、あれですねえ。好きになりかけの時と、運良く付き合ったあとに求めるものも違うかなぁって感じはある。大体はそれで失敗する。好きになるときは、自分に持ってないものを持っている子を求めてしまう。その好奇心が、もっと知りたい、一緒にいたいなぁ、とかいう原動力となっている感じだ。

でも、時を重ねるにつれて、お互いの人となりを知るにつれて、段々共に何かを作り上げようみたいな、共生みたいなものを求めだして。

そうすると、自然に似たような方向性、価値観がほしいなぁと思い出して。まぁ、そういう時にお互いに相互作用しあいながら、道を作り上げていけるのがベストなんだろうけど。まだまだ若くて未熟だからそこら辺の作業というかコミュニケーションをおこたっちゃって。


まぁ、仲良くなりたいなぁ と思わせてくれる何かを持っていてくれる人
が好きなタイプですね。その何かは、何でも良い。好奇心旺盛な子ですからね、僕は。

恋の話 | trackback(0) | comment(3) |


2005/05/21 (Sat) シュークリーム万歳

僕が熱を出していたということで、ねぎらいの意味を込めて、お母さんがシュークリームを買ってきてくれた。

デザートの入っている冷蔵庫というのは全然違う。いつでも開く宝箱を目の前にしているのである。

それにしても、シュークリームはうまい。

もっと大きなシュークリームがあればいいのにと思う。今度作ってみたいな。

未分類 | trackback(0) | comment(4) |


2005/05/20 (Fri) ライブレポート

0519_11.jpg


昼に日記で弱音を吐いたが、今日はライブがあった。

DVDの焼き増し作業を手伝う為、2時半に北千住に向かう。この頃からまた解熱剤の効果が弱まり始め、結構しんどかった。

しかし、作業所についてみると、俊平君が僕の大好きな豚足を用意していてくれた。体調悪いのにこんなもんくれるかよと内心思ったが、食ってみたらぐいぐい進む。そして、今日食った豚足は、僕らが『天国の豚足』と称するあの、骨が無くて食べるところばっかりのあれだったのだ。さすが、俊平君である。今までに二人で数々の豚足を食べてきたことである。

僕とはりあう豚足に関する理論、経験を携えているものは彼以外いないだろう。

そして、骨の髄までしゃぶりつくしたところで時間が来たのでライブハウスに向かった。

北千住の町並みは本当に心が和む。ごみごみしているかもしれないが、そこに攻撃性は無い。自己主張はあるが、とても空を近く感じるせいか気にもならない。
年をとったら北千住に住むと決めている。そして、銭湯でも始めるんだ。そして、おいしいコーヒー牛乳を出す。そして、おいしい牛乳を活かすべく焼きたてのパンを出す。そういう風に、因果関係をたどっていくうちに様々な事業をバリバリこなす実業家になっていたりしたい。

そして、リハーサル。実は僕はリハーサルが一番好きだ。リハーサルの時のゆるい感じが。僕は陸上の選手じゃないけど、陸上選手が靴をはいて、その感触を確かめるような・・・一日の出来がなんとなくつかめる、そんなアスリート魂に通ずる部分があると、勝手に想像している。

そういう意味でいえば、今日のリハーサルはすばらしかった。PAの人を笑わせることに終始していたが、結構うけていたし、何か椅子の座り心地も良かったし・・・。(この点に関しては、もう結構このライブハウスに来て、あの椅子にも座っているから僕のお尻が椅子になじんで形を変えたのだろうと、メンバー4人で話していた時に結論づけられた。)

そして、リハ後メンバーで回転すしを食いに行く。今日は体調が悪かったのであまり食えなかったが、ねぎとろイカおくら という軍艦が僕は一番好きだ。

そうこうしていると、イカロス君から電話があり、秋葉原駅で待ち受けることに。イカロス君とは3回目に会うが、もう普通にタメ口聞いててちょっと申し訳ない気持ちになる。

そういえば、大学入ってから女の子とか気軽にタメ口聞いてくるけど、最初の頃は結構かちんときてた。最初は、相手に敬意もって接しようぜと思っていたが、そんな気持ちは女の子とやんややんやしているうちに段々損なわれていったなぁ・・・。お恥ずかしい。

僕は昔からそうだが、すぐ脱線する。正直ライブの話なんかもうどうでもいい。
ロックなんてもんは、言葉で伝えることは出来ない。陳腐にするだけだ!!

こんなこと言っておけば、カートコバーンも歓ぶだろう。

体調悪いから、もう寝る

未分類 | trackback(0) | comment(4) |


2005/05/19 (Thu) 熱病のさなかに

今日は朝から高熱だ。38.5℃もあったらテンションも下がる。

というか、今日ライブなのに・・・。

高熱をおしてライブやるなんて・・プロか、とんでもないロック魂の強い人だけだろう。
あー、つらい。
だったら、こんなもん書いてないで寝ていろという話なのだが、僕には、高熱をおしても文章を書く書生魂は宿っているのだ。

熱で寝ていると、思考のスピードはいつもの1/5くらいになっているせいか、理性の中での世界の自転がスローモーションになったみたいで、面白い。

でも、熱を出すと決まって見る嫌な夢をやっぱり見てしまうのでそんな楽しみも吹っ飛ぶ。子供の頃から一様に見続けるあの夢。

僕が病気で食べたものをもどしてしまうと、そのゲロが雪だるまみたいに丸まりながらそして地面を転がるにつれてどんどん大きくなって僕を追いかけてくる。そして、最終的には僕は自分のゲロに押しつぶされて死んでしまう。

夢の中でいくら「助けて~」と叫んでも誰も来てくれない。目覚めて泣いている自分は、他人しかあてにならない、自分で何とかしていくんだ!!なんて偉そうなことを思っていた気がする。

まぁ、もうちょっと寝よう。

また元気な姿でお会いできることを。

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2005/05/19 (Thu) 洛日

昨日、よっしゃ勉強するぞ、との誓いを立てたにも関わらず今日学校を休んだ。まぁ、そうせざざるをえなかったし、そうすべきだったとも言える。そして、折角学校を休むのだから、今日は絶対楽しい日にしてやると、心に決めて布団から出た。そして、とても楽しい一日だった。

何故学校を休んだかといえば、明日バンドのライブがあって、そしてそのライブの場で僕らの今までの活動の集大成としてライブDVDを販売しようとしていて、そのDVDのつめの作業が今日あったのだ。

まぁ、DVD売るなんて偉そうなことしやがって、と思うかもしれないが、2時間入ってて500円だったら神様も(僕らのバンドは日蓮宗ということになっている)許してくれるだろうと思う。

そして、1時半に北千住に集合ということだったので、僕はきっちり1時半につく。基本的に時間にはルーズなのが僕等の付き合いの特徴なのだが、その中では僕はしっかりしている。 しかし、当然のように村田は30分遅れるとのこと。

その間、駅前のロータリーでジンジャーエールに舌鼓を打つことに・・・。

そして、その間に僕は二つのわくわくエピソードに出くわす。

?まず、僕の隣に座っていた人はオカマだった。明らかに女装みたいな、しかも失敗している、みたいな・・・。僕も過去に高校生の頃女装をしたことがあったが、自分のほうが出来ていたなとちょっと優越感にひたってしまった。

でも、良いにおいだったなぁ・・・。女装は、ちょっと体をしぼったらまたやってみたい。正直、もてる自信はある。

?子供が遊んでいたのだが、その状況が面白かった。赤ちゃんというものは、何の邪気もない存在であるから、同い年の子がいれば、ちゃかちゃかやりながら一緒に遊んだりする。子供の世界にブルジョワもくそも無いのだ・
しかし、親というものは違う。たとえば、上流階級のうちの赤ちゃんと下流階級のうちの赤ちゃんが一緒に遊んでいたとすると、その親御間に働く緊張感というのは計り知れないものだった。それが、僕が今日つくづく感じたことである。

封建制の名残というのはやはりあるのかなぁ、と悲しい気持ちになりつつ、21世紀のうちにそのようなイデオロギーは無くしてやろうと強く思った。

ふぅー、まだ編集室にたどりついてないけど、この先まだまだ長いから、また今度。

とうっ!!

ライブ頑張ります!!

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2005/05/18 (Wed) うぐぅぅ

なんかテンプレートが表示できませんとか、エラーが出たり、消えたと思ってたら今日になってあらわれてたり、んだからまた増えてたのを消してみたりしたけど、よく反映されてなかったり・・・。

うまくいかないもんだ。でも、ここを乗り越えたら、僕はまた一つ大きく成長するのだ!!


けにさん、コメント消えちゃったっぽいけど、消したわけじゃないからあしからず。また、なんか書いてください。

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2005/05/18 (Wed) 明治維新

帰り道のブックキングで280円で買った。
なんか歴史的英雄達がジャケットのところでSDになっている(SDになるという言葉遣いがあってるかは自信ないけど、まぁSDガンダムみたいにかわいくデフォルメされてるって言いたかった)のが気に入って、これは歴史に名を残すゲームだったに違いないと思って。
ソウルフライのCDと16ていうパスヘッドがプロデュースしたバンドのCDも含めて680円。安い。
でも、こんなことばっかしてると案外金額もかさむし、もう部屋にはすぺーすが無くなってきた。
情報に押しつぶされる現代人というのはこういうことなのかなと感じた。
そして、家に帰って早速やってみると、なんと坂本龍馬は全く似ていなかった。似ても似つかなかった。しかしまぁ、そのうち出てくる西郷さんとかは似てるだろうと思って、続ける・・・。
一応、剣術を学ぶというのが意図らしくて道場で師範と戦うのだが、操作方法が分からない。今日はここで気持ちが途絶えた。でも、セーブが無いからやるとしたらまた最初から・・・。
1ヶ月間情報を集めて、それからまたトライしよう。

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2005/05/18 (Wed) Just do it

友達の娘が家族のありがたみに言及していて、改めて自分を振り返ってみている。その娘は僕より2つも年下なのに、本当に出来た娘だといつも思う。まぁ、普通そうなのだろう。僕がだらしないだけで。


もう僕は21歳で普通の人なら、就職活動をしていて来年から社会に出て行くというときなのに、まだ学校に行きたいみたいなことを言って、自分の前に開けた世界を絞り込むことに恐れを抱いている。まぁ、典型的なモラトリアムなのだろう。

かといって、本気で勉強しているのかと言われればそんなわけじゃないし、バンドしたり、大喜利したり、関係無い本読んだり、物理専攻の学生としての自分はあまり自分の中の割合を占めていないかもしれない。二度寝の誘惑に負けて授業休んだりする。でも、僕は確実に大きくなっている。それだけは間違いないと思う。

お父さんは腰痛い、膝痛いと言いながら、朝6時前から起きて仕事に行く。春休みに僕が朝までチャットして起きていた時は、結構死にたい気持ちになった。お父さんは21歳で僕を生んだから、もう僕の年にはガンガン働いていたことになる。文句言いながらも毎日・・・。僕にはそういう強さが無い。つらくなるとどこかで倒れてしまいそうな、そんな弱さが残る。

今まで挫折したことはない。でも、それは僕がスーパーで強くてすごいんじゃなくて、周りの人が傷つかなくてすむように守っていてくれたことだった。本当にすいませんでした、生意気なこと言って。

お父さん、お母さん。お二人はきっと教養がないから知らないと思うけど、今僕は、マルクスとかアダムスミスとかいう知の巨人達に挑んでいる。全然理解できないし、思考のプロセスを追うことすら一杯一杯だ。でも、これを乗り切ることは、僕のアカデミックな基盤となるだけでなく、人間としての自信になると思う。僕は天才では無いから、偉大な科学者になることはないだろうけど、何か足跡を残せるよう頑張ります。


未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2005/05/16 (Mon) Giant squid!!

今後使うことになるかどうかは分からないが、一応こういうカテゴリーも作っておこう。まぁ何を書けば良いか分からないけど。
好きな子が出来た時に、ここにラブレターを書いたりすれば良いのだろうか。
悩みを書いて、ふらっと通った人に応援してもらうのが良いのだろうか。
でも、何か21歳の青年ぽくて、自分の中に赤い血が流れているのを再確認するような、そんな感じだ。
ところで、作りたてのブログは、買ったばっかりでピカピカしてる靴のように恥ずかしい。だから今、急ピッチでものを書いてる。汚してるというほうが、正確か。

未分類 | trackback(0) | comment(2) |


2005/05/16 (Mon) 半生

パソコンで日記をつけること2年あまり。

最初はメモ帳で一日のことをちょこちょこ書くところに始まり、でもその頃は馬鹿だったから一番新しいことを一番上に書くなんてこと思いつかなくて、いちいちドラッグして下のほうまで行って書き足してた。あげくファイルサイズが大きくなってきて重くなり・・・ その頃ですかね、月ごとにファイルの名前変えて保存すれば良いってことに気づいたのは。

まぁ、こんな感じで自分の日記というのは自分の成長を見ているようで何とも言えない感慨に包まれる。

その後科学技術は目覚しい発展を遂げ、その恩恵を授かり僕もネットで日記をつけ始める。でも、色々な問題があっておじゃんになってた。友達と一緒に日記上で連作の小説を書こうとしていたやつは、官能的な記述の中に人間性というものを推し量ろうとする彼との対立によりおじゃん。はてなダイアリーは余計な機能がガンガン増えていってそれについていけず、疎外感を味わったので縁を切った。

そして、ホームグラウンドとも言うべきヤフーに帰ってきてまだ一月あまりというところで、あまりに重くてログインすらほとんど出来なくて移転をよぎなくされるという事態。

こう振り返ってみると、やめなさいという啓示なのかもしれない・・。でもまぁ 懲りずにやろう。

怒られた後にテンションが上がる。。そんな精神でやっていきたい

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


2005/05/16 (Mon) テスト

ガリレオによって、運動変化を位置変化に帰着させ、それに理想化を介して数学的分析を施し、そこから獲得される結論を実際に経験に適用するという近代の物理学の基本的手法が示された。

しかしある面では、アリストテレス的なものの考え方を捨ててきれていないところもあった。そこで、デカルトの登場である。

デカルトは、数論と幾何学はあいことなる類をなすものであるとの見地ではなく、この二つをある普遍的見地から統一的に扱おうとするものである。

→この結果が「解析幾何学」

デカルトは学問的対象を目に見える携帯に忠実に分類しようというのではなしに、数学的普遍的対象によって組織しようという知見が得られる。

そこには、数学上の普遍的抽象的な存在が自然の具体的現象の説明原理となるとどうしていえるかということに対する哲学的基礎付けが必要

未分類 | trackback(0) | comment(41) |


| TOP |

カレンダー

04 | 2005/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する