FC2ブログ
憂き身を窶す丑三つ時//面白い夢を見たときは、忘れないようにしたいものです
2005/06/15 (Wed) カワバンガ!!

mike.jpg


最近ドナテロに代わってこのミケランジェロ懐中電灯が僕のリュックに華を添えている。

そもそも僕はミケランジェロが好きなのだ。ドナテロも賢くて理系な感じは好きだけれど、それ以上にミケランジェロのひょうきんさに魅力を感じるし、僕はミケランジェロみたいになりたいとずっと思っていた。

ある一面ではそれは成功していると思う。バンドとか高校の仲間とか大学の割りと仲の良い人の前では、確かにひょうきんなこと言ったり、踊ったりしている。

でもある一面ではそうでも無い。別に演じてひょうきんにしているわけではないのだけれど、どうしてもひょうきんな気持ちにならない場所というのが出来てしまう。でも、ミケランジェロならそんな場面でもひょうきんにやってくれるのだろう。

立食パーティーとかでピザを投げて遊ぶような、そんなひょうきんな男になれたら。とりあえず、友達が家に遊びに来たらシカゴピザを頼もう。初めはそっからだ。僕んちに遊びに来たら、そんな感じになるよ。

勘違いして欲しくないのは、別にひょうきん族は好きではない。

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(1) |


2005/06/15 (Wed) プレゼント

tgf02.jpg


「東京ゴッドファーザーズ」
珍しくWOWOWで録画までした映画。

以降、ネタばれとかがんがんしていきます。というかまあ、ネタばれって言葉の意味あんまよく分かってないんで、ないかもしれません。

クリスマスの夜に赤ちゃんを拾ったホームレスの三人組。
ギャンブルで失敗して、妻と娘を捨てた典型的な駄目男。
幼くして親を失って育てられたオカマ。
父親との関係がうまくいかず家出した中高生くらいの女の子。

この三人が捨てられた赤ちゃんの母親を探しつつ、奇怪な運命のつながり(赤ちゃんの神秘的な力が織り成す)を経ていくうちに、家族愛とは何ぞやとかそんなことをめいめい確かめながら、どたばたと物語は加速度的に進んでいく。アニメだからこそかもしれないけど、表情が豊かで、キャラクターの人間性みたいなのが僕ごときでも手にとるように理解できたのも面白く見られた理由なんだろう。

飽きる事無く見ることが出来た。見終わって残るものに負の感情は全く無い。今は6月だけど、この映画を年末のくそ忙しい時期に見たら、本当に心温まるんだろうと思う。それこそ、サンタクロースよりよっぽど気が利いている。

最近は見る映画見る映画面白い。常勝軍団というのの気持ちが少し分かった気がした。

映画 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

カレンダー

05 | 2005/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する