FC2ブログ
憂き身を窶す丑三つ時//面白い夢を見たときは、忘れないようにしたいものです
2005/06/16 (Thu) 気移り

最近町を歩くことが少なくなった。

歩くような場所は、喧騒にまみれた大都会とかそんなところしか無くて、そんなところを歩いたからといって、僕の望んでいるものは無い。

2,3年前までは学校が早く終わったり、やることが無い日は電車を途中で降りて、次の駅まで歩いたりして。んでその辺の商店街にある惣菜屋とか団子屋で腹を満たして。

見たこと無い町を歩くことは刺激的でありつつ、優しさに満ち溢れている。成金が作ったであろう変な形の家をへへんと軽く笑ったり、路上で懐かしい遊びに興じる子供達に心の中でシャウトとも思えるエールを送ったり・・。

僕は非線形科学の中ののプラズマ物理という学問を志している。非線形科学というのは世の中にあふれた複雑なシステムの構造を法則化していくことで、その代表格にカオスというものがある。

なんだか複雑で、ごちゃごちゃした感じを世の中ではカオスと言うが、まあ科学的に定義されたカオスもまあ意味合いは変わっていなくて。

そのカオスの中では、初期条件が違うとその後の時間発展が予測できないという性質がある。つまり、今チョウチョが中国でひらひらっと舞ったか、舞っていないかということでその後の世の中の進み方というのは全く違うということだ。

直感的には、中国でチョウチョ一匹まったくらいでNYに大恐慌が起こったりということは起こりそうもないが、今生きている社会に非線形科学というものを持ち込めるならば、そうなのだ。

僕が知らない町を歩いたことで、その町にドラスティックな変化が起こっているのだろうか。ん~。そんなのは良いから、僕が団子屋で冗談を言ったときに、その店のおばあちゃんがちょっと微笑んでくれたら良い。

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

カレンダー

05 | 2005/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する