FC2ブログ
憂き身を窶す丑三つ時//面白い夢を見たときは、忘れないようにしたいものです
2005/06/23 (Thu) Oh マイ こ~んぶ

今日は朝海の家で餃子を作った。結構前にやった時はいまいちおいしくなかった。お互い伊達に年を重ねてきたわけではない。今なら、もっと出来るのではないか。そんな妙な自信を胸に近くのイトーヨーカドーへ向かう。

ヨーカドーの一階で「宇都宮餃子」が売っていてあまりに美味しそうなので、もう買って済ませてしまおうかみたいな雰囲気がよぎる。そういうだらしないところは彼女の魅力だと思う。

豚挽き 250g
鳥挽き 150g
にら 
にんにく
しいたけ
チーズ

僕はさんざん白菜を入れようと言ったが、彼女は白菜は余るからいらないと断固拒否した。一時の我慢が後に大いなる業績をもたらす事例を何件もあげてやろうかと思ったが、料理の腕については彼女に一日の長があるので、ぶつくさ言うくらいですませたが・・・。

やっぱあったほうが良かったよね。

早速家に戻ると、僕はフルーチェ、朝海は餃子を作り出す。フルーチェはものの1分くらいで作り終わって、黄金伝説を見ながらアンタッチャブルで無為に笑っていると、手伝ってよてきなことを言ってきたので、アンタッチャブルを捨てて餃子の皮を包む。

ん~、僕はこの手の作業が本当にセンスが無い。なんかあの接合部分みたいなところが全然しっくりいかない。朝海は教えてやると言ったが、一流は見て盗むと僕は言い返して、しばらくやっていたが結局最後まで綺麗に出来なかった。

敗北である。

ただ餃子をフライパンからはがす作業はとてもうまく出来たから良かったかな。人には得意不得意があるのだ。そうやって補い合いながら進んでいけばいい。

完成!!

もぐもぐ。うまい。もぐもぐ。うまい。

どれどれチーズ味は? もぐもぐ うまい。

そんな楽しいやり取りも束の間。

段々飽きてくる。50個近く作ってしまったからね。キムチと一緒に無理やり最後は押し込んでた。キムチの酸味と辛味が餃子のジューシーさと絡み合い、う~ん、お宅の家庭でも是非どうぞ・・・。

その後出てきたフルーチェも、なんだかまどろっこしくて口の中の脂っこさを拭い去ってくれなくてねえ。まあ女はバカですよ。散々喰ったあげくにぺロットたいらげるんだから。でも、今日は僕のフルーチェを食べてくれてありがとうございました。

その後だらだらテレビを見たり、朝海の持ってる世界珍獣図鑑を見て、珍獣たちの面白い性質や面白い顔をいじり倒して楽しんだ。

一角獣の一角が角じゃなくて牙だというのを知れたのは、とても勉強になった。どうも有難う。

ん~、朝海にもらったマスクを顔一面に覆いながら日記を更新しているけれど、これをつけているとなんだか暗い気持ちになってくる。

OLのるんるん気分を味わえると思っていた自分はいささか浅はかだったようだ

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(4) |


| TOP |

カレンダー

05 | 2005/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する