FC2ブログ
憂き身を窶す丑三つ時//面白い夢を見たときは、忘れないようにしたいものです
2005/06/27 (Mon) 供給過多

今日3個目。

我ながらちょっと多いんじゃないかと思うが、やはり風呂に入った後に書くということはやめられない。機能としても、風呂に入った後の方が日記としてのそれを満足しているように思えるし。

湯船につかりながら無為な空想や反省をする。また、頭がぼぉーっとして何も考えてないような感じであっても、風呂から上がってみると頭の中に一つ考えが整理されていたりするのが不思議だ。

今日もそんな感じだった。

今まで迫害していると言っても過言では無かったマヨラーに対して愛を持って接してみよう。多様化こそが僕の最近のモットーではないか。自分でもなんかマヨネーズをつけてみてから、やっぱり駄目だ~となってからでも遅くはないんじゃないか。僕は理論家だが、そんくらいのことは机上の空論でなく検証してあげても良いのではないか。その結果が新たな理論を僕の中に呼び起こすかもしれない・・。
やはり好物の餃子につけるのが良いだろう。僕の100%を被験者として差し出すことでマヨラーへの誠意を表わすべきだろうし。

そんなことが体をふいていたら、ふと頭をよぎった。

でも、大体こういうことは次の日になったら霧のように消えてなくなっている。
だからこそ、こうして日記に書きとめておく必要があるんだ。

今日久々に長電話した。顔をあわせてするおしゃべりと、電話越しのおしゃべり。どちらもそれぞれの奥ゆかしさがある。

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(1) |


2005/06/27 (Mon) 憂鬱

はぁー。またこの季節がやってきた。

あさってはまたライブをしなければならない。

全くネタを考えていないし、新曲はまだ完成には程遠い状態だというのに。

久々にやだなーって気持ちでライブしそうだ。

大体やりたくなければ、やらなきゃいいのにって思う。でも、戦略的には毎月やり続けることが必要なのだそうだ。戦略的にはってねえ、あなた僕はエイトビートもままならないような状況ですよ。

最近は特にドラムが下手だ。基本的に集中力が低いらしく、一曲の最中にスティックを3度くらい落とす。僕はスティックを落とすのは生理現象だから仕方ない、ライブ中に文字通り生理が来るよりはよっぽどいいじゃないかと弁解するのだが、周りの人はなかなか分かってくれず、それを失敗と呼ぶ。

ライブなんかしないでさ、そのお金でみんなでまずいもん食べに行こうよ。そっちの方がきっと面白いぜ。

昨日練習した新曲がもう思い出せない。

7/8 7/8 7/8 11/8 10/8 13/12 10/8 7/8 9/8 8/8

サビの変拍子のパートだけは絶対間違えない。
水曜はここだけ出来たら、成功と思おう。

久々に口にする。憂鬱。

未分類 | trackback(0) | comment(1) |


2005/06/27 (Mon) 微分幾何学と物理

学会に向けて研究している、プラズマのシステム(ex. MHD)における変分原理。

プラズマは電磁場と流体的な流れ場のカップリングした系と考えられるから、神部先生がフォーミュレートした変分原理を僕が電磁相互作用を組み込むことによって、従来のプラズマにおける変分原理よりはより原理的に出来るのではないかなと感じている。

僕が感じているというよりは、吉田先生がそう感じて、僕は後乗りしたにすぎないが。

神部先生のフォーミュレーションの画期的な部分は、ゲージ理論の枠組みにのっとってやったことだと思う。それにより、共変微分として対流微分が出てきたりと、アンシュアだった部分がクリアになったのだろう。

しかしその際の計算、数学には不慣れであるため自分のものに出来ていない。

物理の言葉であるゲージ理論とは、数学の微分幾何学でいうところの接続という。共変微分とは何ぞや。一般的な空間での平行移動とは何ぞや。

なんとなく分かって気もするが、ファイバーと構造群としてのLie群のつながり、空間の非可換性と共変微分。

整理すべきキーワードは沢山ある。忙しくなりそうだ。

お勉強 | trackback(0) | comment(2) |


| TOP |

カレンダー

05 | 2005/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する