FC2ブログ
憂き身を窶す丑三つ時//面白い夢を見たときは、忘れないようにしたいものです
2005/07/04 (Mon) 不備

Aコース 山田悠介 (写真は載せてやらないよ)


なんだか色々急がしかったのに、手にとってしまったので読んだ本。久々につまらない本だったのでかなり頭にきた。

よくある仮想現実のゲームに乗り込んでしまうと、それが現実だかなんだか分からなくなるといったような話だ。今さら、こんな小説を出して何の意味があるのだね、君、と言いたくなってしまった。

よく見たら、幻冬舎文庫でしたからね。そりゃ 仕方ないか。

リアル鬼ごっこは悪くなかったのにねえ。

二個上の彼。下の世代から活きの良いのがきてますよ。頑張ってください。

スポンサーサイト



文庫 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

カレンダー

06 | 2005/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する