FC2ブログ
憂き身を窶す丑三つ時//面白い夢を見たときは、忘れないようにしたいものです
2005/07/25 (Mon) 我が歴史はふんわりの歴史なり




たまにお母さんがどこかで手に入れてくるめちゃめちゃうまいプリン。

うちの家系はみんなこれを大好きだ。

おじいちゃんに始まり、おばあちゃん、おじさん、おじさんの嫁、おじさんの嫁のお父さん・・・。

うちの家系に限らず、全国民がすきなのかもしれない。

なんていうかプリンの常識を超えてなめらかで。

初めて食べたのは2,3年前だけど、それ以来普通のプリンを食べても

フン

てなリアクションしか出来ない気がして。

まあそんなおいしいプリンに対して一つ異を唱えるなら、どうしてあのキャラメルソースを底に沈殿させているのかと言う事。

最初っからキャラメルソースをつけるには、ぐわ~ってスプーンでプリンをまさぐらなきゃいけないし。

あれなんだろうか。

まずはソースなしで上層部を味わい、最後に気分転換でキャラメルをつけてみたいな思惑があるのだろうか。

今度フランスの貴族がプリンを正しく食べている動画みたいなのを手に入れられればすべて解決するのに。

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(3) |


| TOP |

カレンダー

06 | 2005/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する