FC2ブログ
憂き身を窶す丑三つ時//面白い夢を見たときは、忘れないようにしたいものです
2005/08/01 (Mon) 回廊を歩く

今radioheadのOK computerを聞きながら書いていまして。でも僕はあんまりradioheadが好きではない人でして。まだ若い頃、radioheadとzebraheadの名前が似すぎだろうと思っていた頃にちょっと売れてるし聞かなきゃまずいのかなぁなんてちょっとやな入り口で聞いたのを覚えてる。

今でもたまにそういう感じのバンドとかあるけれど、そういうよこしまな気持ちで聞くバンドは往々にしてあまり好きになることはない。

その点zebraheadの方は幸運だった。どっかの古着屋に入ったときにかかっていて、ノリノリになってきたので店員さんにこれはなんていうバンドですか?って聞いたら答えてくれて。

「zebrahead買わなきゃいけないから、今日は買わずに帰ります」

って言ったら店員さんが笑ってくれて。あれが本当に笑ってくれたのか苦笑いだったのかは定かではないけれど、とりあえず良い印象がzebraheadには付きまとう。

音楽なんてそれ単体ではなく、それにまつわるエピソードなんかでいくらでも感じようは変わってくる。

料理は好きな人と食べればどんなものでもおいしく感じる

そういうのりだろう。

radioheadを聞いていたら、前を歩いている綺麗な女の人のヒールが折れて捻挫して、僕がおんぶして送ってあげる。そんなエピソードが早く舞い降りてくれればもっと好きになれるのかもしれない。

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(12) |


| TOP |

カレンダー

07 | 2005/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する