FC2ブログ
憂き身を窶す丑三つ時//面白い夢を見たときは、忘れないようにしたいものです
2005/08/02 (Tue) こっちを向いて

今日はNIFSからラモス先生が来てセミナーを開いてくれたから、その歓迎の意味を込めて夕飯は学校の近くにあるファミレスよりは良い、くらいのお店にみんなで行った。16人もいて先生学生スタッフ含めると案外大所帯だなあと初めて気づかされた。

インド人の先生夫妻、ラモス先生、うちの教授、スタッフ二人、秘書という絶対場違いなテーブルへは学生の中から僕が生贄として選出されて座る運びとなった。

ただでさえ英語のヒアリングは得意じゃないのに、途中からピアノの生演奏なんかをそのお店が始めた時にはより一層聞き取りづらくなって、鉄パイプでぼこぼこにしてしまいたかった。

しゃららら~ しゃら らんら~

みたいな人畜無害もいいとこな音楽も時には人を傷つけるということを知れたのは良い経験だったかもしれない。

ラモス先生はスペイン出身らしく、サッカーはすきか?とためしに聞いてみると、とても食いつきが良かった。秘書の人に、今度スペインに帰ったらロナウジーニョの何かを買ってきてあげよう、だから私にメールをしなさい、と別れ際に言っていたのが面白かった。

日本に来てまだ間もないのかもしれませんが、あれは決して上玉ではないですよ先生。

もうちょっと英語勉強しようかな。スピーキングの能力があまりに乏しい。

You have to register your ID for entering by car after 8pm.

さらっとは出てこない

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

カレンダー

07 | 2005/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する