FC2ブログ
憂き身を窶す丑三つ時//面白い夢を見たときは、忘れないようにしたいものです
2005/08/25 (Thu) あぐら

台風が来るということで早めに家に帰ったのが功を奏したのか、久々に家族三人で食事をとることに成功した。

昨日は家に帰ってきてから、カツオ君がごとく荷物を投げ出して遊びに行ってしまったので両親と顔をあわせる機会が無かったので、今日ようやく念願が叶った。ちょっと言葉が思いつかなかったから念願て書いてしまったけど、別にそんなに見たかったわけではない。

母はまた太っていた。あの人はふと顔を見るたびにどんどん太っていっている気がする。俺がじろじろ見ていると、また「太った?」と聞かれると思って、ちょっと顔に力を入れて細くしようとする。それも気づかれないように。

馬鹿ですねえ、ばれてるよ。

でもきっと親の方も俺がこそこそ隠していると思っていることの多くを発見しているだろうからお互い様なのだろう。まあお互いの化かしあいに付き合うのはつまらないことではない。

今日の夕飯はカレービビンバだった。前は完全な韓国テイストだったから僕がいない間に、状況に代わりがあったとみるのか、本質は変わっていないとみるのか。

きっと何も変わっていないのだろう。これからもこのままでいて欲しい。

海の上で迷子になってもあの灯台の場所さえ変わらなければ、心置きなく迷子になっていられる。

そういうのは迷子と言わないか。

ラーメンというカテゴリーがあったのを思い出したので、明日はラーメンを食べに行こうと思う。まあそれをわざわざ日記にまで昇華する自信はあまり無いけれど。

ついでに眼鏡でも見に行こうかな。

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

カレンダー

07 | 2005/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する