FC2ブログ
憂き身を窶す丑三つ時//面白い夢を見たときは、忘れないようにしたいものです
2005/08/29 (Mon) 呪いで石にされる

ここのところ近しくさせて頂いている方々となんと新宿で、あの新宿でお酒を飲みました。

6人で集まっていたわけですが、きっと6人という人数が僕の能力にはぴったりとはまっていたようでとても楽しかったです。最近のそういう一連の流れを汲む中では一番楽しかったような気がします。まあ毎回違った趣きがあるので100グラムと100メートルを比較するようなものなのかもしれませんが。

まあお酒の席ですので他愛無いことで笑ったりなんだりと何がこうして楽しいということもないのですけれど、一つだけ辛かったことがあって。

隣とかその隣とかに女の子が座っていたのですが、席をちょろちょろ代えているうちにお皿とか箸とかがごちゃごちゃになってしまってどれがどれだか分からなくなって。

個人的には目の前のやつ使っちゃえばいいやって思ってたんだけど、そういうのを気にする人なのかなあ、どうなんだろうなあ、って結構考えていて。「箸どれだっけ?」みたいに聞くのも、もしそんなこと全然気にしていなかった場合そんなこと聞いて細かいこと気にしやがって器の小さい人間だみたいに思われるのも癪だなあなんて思って。色々なケースを場合の数で考えつめていったのですが、結局答えは見つからなくて面倒くさくなってしまったので目の前のを使ってしまいました。

まあほぼ初対面なのでどんなもんかちょろっと攻めてみたみたいな部分はあるんですけど。

人の箸使うんじゃねえよ、みたいに思ったら平謝りだなあと思いつつ、マグロのこと、小型船舶のこと、白いジャケットと淑女の間に成立する何らかの反比例の法則、などについて考えていました。

舞台裏とはそんなものです。





リュックが華やかになりました。

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

カレンダー

07 | 2005/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する