FC2ブログ
憂き身を窶す丑三つ時//面白い夢を見たときは、忘れないようにしたいものです
2005/09/15 (Thu) be ~ed

僕をはじめとして誰が僕の本質を捉えることが出来ているのだろうか。それは競走馬の鼻先に吊り下げられたニンジンのように永遠に掴むことは出来ず、むしろ強く求めれば求めるほど、つまりは全力で走ることにより自身の体力を徐々に逓減させていってしまうものなのかもしれない。

君は何を考えているのか分からない、という類のことを良く言われるのだけれど、それは僕の思考が見えていないのではなくて、それを聞いた人が自身の思考の様式を捉えられていないことに由来しているのだとも思える。決して人のせいにしているのではなく、僕という人間の性質上仕方のないことなのだろうと理解している。僕は誰を相手にするかによってまったく違った様相を表す。それは、僕は僕という存在を普遍的なものへと昇華させたいという欲求を持っていることから生ずる、普遍的な価値を持とうとしているのであるからすべての人から愛されていたい、というエゴイズムを満たすべく応対する人間の種によってまちまちになるというメカニズムである。

応対する人の性質を僕がある程度の正確さとかなりの誤謬を含んで掴み、それによって僕が演繹した相応しい像というものが初めて相手へと投影されるのである。

ここで問題になるのは、僕が応対する人の性質をどのような正確さでもって把握できるかであるが、相手の性質というものがどのような形で僕が認識出来る範囲へと現れるのかということが重要な要素であろう。その人の表層というものが、無意識のうちに深層から分厚い皮相を容易く透過してきたものなのか、理性の鏡に反射されて出てきたものなのか、さらにその理性の鏡というものがゆがんではいないのかということであろう。ここで理性の鏡というものが、自身が自身の様式を捉えるということであり、僕は人間というものは理性的な存在であると信心しているので、当然もっとも重要なファクターであると考えている、といった風である。

要は僕はいつの間にか自らで築き上げた檻の中から抜け出せずにいる。だがしかし、そこは決して居心地の悪いところではない。これを書き連ねている今この瞬間だけは、すべての檻から解放されているのだと信じたい。せめて中を幽走して疲労を覚える程度の空間を兼備した檻までは。

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

カレンダー

08 | 2005/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する