FC2ブログ
憂き身を窶す丑三つ時//面白い夢を見たときは、忘れないようにしたいものです
2005/09/22 (Thu) カレーとビール

正直に言って僕はカレーというモノ自体は好きだけど、カレーを振る舞われるという行為は好きではない。

いや、好きでないと言うのには多少の語弊がある。

振る舞われると困ってしまう、と言えば一番近いだろうか。

その人に悪気がないことは百も承知で、むしろ好意によるものだということは僕にもわかるけれども、僕が口に運んだであろうジャガイモ数個の体積の違い、ジャガイモに対するニンジンの個数、溶けるのかそれともまだそこにあるのか、意志を持たないタマネギ、カレーであるからには入れなくてはならないと仕方なく煮込まれた牛肉、そのカレーを形成するにあたって集められた全てのものが、僕の持つスプーンにすくわれてもなお、僕の口に運ばれるという幸運を持ちながら本来の輝きを見せないのである。

これが学校、はたまたどこが入り口なのかわからないレストランなどで出会ったカレーであれば、あるいは僕はこれほどの意見をここに記すことはしないだろう。

僕が言いたいのは、カレーを振る舞われるからにはそれなりの準備が必要と言うことであり、サプライズと言うには、少し不意すぎたということである。


僕の口から気遣いによる機械的な文字列を吐かせたことを、是非とも忘れないで欲しいものだ。

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(3) |


| TOP |

カレンダー

08 | 2005/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する