FC2ブログ
憂き身を窶す丑三つ時//面白い夢を見たときは、忘れないようにしたいものです
2005/10/20 (Thu) 3回宙返りに失敗

目を閉じていると意味の無い情景が頭の中に浮かんでくる。

ドラマとして成立しているし浮かんできて理解も出来るのでまったくもって輪郭をなしていないことは無いのだけれど、それは頭の中にあるからこそのものであり、とってきていざ僕の前に置かれても正直手の施しようが無い。

夢を見ているのとはまた違った類のもの。

研究で手詰まりになっている僕が机の前でうんうんうなっていると、颯爽と狸が現れてディスカッションが始まり、その三分後には選挙に出馬している

といった類のもの。

別に眠ってはいないから、選挙に出馬した時点で

「ふざけるなよ」

と目を開けることによって僕の衆院夏の陣は幕を閉じるわけだけれど、その時はかなり胸糞の悪い思いをする。また意味の無いことをと途方に暮れて天井を睥睨するしかない。

確かに僕は目を閉じるのが好きなんだけれど。一人っ子である僕は、一人でぐるぐる回りつづけるとかと同じように、目を瞑って暗闇の中にたまに白く結像するオブジェクトを何らかの動物に外挿するということをして時間を潰していて。真っ暗ななりに何か見えてくるものがある、なんて新興宗教みたいなことを友人達に嘯いて回っていた。

今目を瞑ってみたら

? 

がラウンドガールみたいに悠々と闇の中を動き回っていた。

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(2) |


| TOP |

カレンダー

09 | 2005/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する