FC2ブログ
憂き身を窶す丑三つ時//面白い夢を見たときは、忘れないようにしたいものです
2005/11/30 (Wed) 僕はいつかはげる運命なんです

割りと混んでいる時に、片側一車線ずつの道路でバスを追い抜くのは勇気がいる決断であることが多い。

「えいやー、行ってしまえー」

とアクセルを踏み込んでバスの隣に出たとき、窓外をぼんやりと眺めていた美女と目が合ったりすると、ああ追い抜いて良かった、勇気出して良かったと思える。

今日目があった女子高生をまたいつか追い抜かす日が来ることを夢見て、明日からもハイスピードで登下校を繰り返していきたい。

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

カレンダー

10 | 2005/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する