FC2ブログ
憂き身を窶す丑三つ時//面白い夢を見たときは、忘れないようにしたいものです
2005/12/04 (Sun) 一生たっても敵わない




今日もバイトがありまして。二日も連続でバイトをするとなると、二日目はもう目も当てられぬようなやる気の無さになることが多いのですが、さすがに昨日悪事の限りを尽くしましたので、今日は一生懸命働こうと思って、アイスケースの裏まで掃除したりしました。お湯に触れて若さを取り戻すことが出来なかったかやく達の怨念がそこにはうごめいておしました。

まあ真面目に働くとそれはそれで気分が良いもので、バイトが終わってもその上機嫌は続き、

「今日はライブハウスでよくしてもらっているかっこいいバンドの企画の日だ。ライブ自体は終わってしまっているかもしれないけれど、挨拶にだけでも行こう。ギターの奴は見に行っていることだし、さびしい思いはしないだろう」

と思い立ち、小走りで秋葉原へと急ぎました。

すると、まだ最後のそのかっこいいバンドは演奏中で。入り口の前のモニターでかっこいいなあと思ってみていたら、いつもよくしてもらっているライブハウスの人が

「中で見てきちゃいなよ。ほら、ドリンクチケットもあげるから一杯やってきなって」

とおっしゃってくれて。感涙にむせびながらも中へと入ると、やっぱりすごい格好良くて。ダブのゆるーい感じとオルタネイティブな感じを心地よく融合させているんでしょうね。曲の作りこみ方が違うなあと恐れいりながら、音楽でこの人達と勝負しようなんて思いは早いうちに捨ててしまって良かったと本当に思いました。

ライブが終わって、ギターの奴と偉いバンドの良い人達と打ち上げに参加してやんややんやと楽しんで、これもきっと一生懸命働いたのが良かったのだろうと、帰りの電車の中15分間くらいは確実にそう思っていました。

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

カレンダー

11 | 2005/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する