FC2ブログ
憂き身を窶す丑三つ時//面白い夢を見たときは、忘れないようにしたいものです
2005/12/10 (Sat) 空港にて




「空港にて」は、僕にとって最高の短編小説です。 by 村上龍



全部の短編が、時間を凝縮するという手法にのっとって書かれているので読み通すと飽き飽きしてくる。
やりたいことはわかるけど、面白いとは思えないなあ。


道場の方々にお会いした。雑多な人種が一つの頂を目指して切磋琢磨しあい、あげくに酒を酌み交わす。

悪くないと思います。

ロングコートに身を包んだ甘党は僕はまだ認めていませんけどね。

スポンサーサイト



文庫 | trackback(0) | comment(4) |


| TOP |

カレンダー

11 | 2005/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する