FC2ブログ
憂き身を窶す丑三つ時//面白い夢を見たときは、忘れないようにしたいものです
2006/01/21 (Sat) じわりじわりと迫り来る

今日も告別式で逗子へ。

雪の中で○○家と書かれたあれを持ちながら街中に立っているのはかなり辛かった。もっとひっそりと聳え立てるような存在だったらどんなに楽だったろうか。

肉まんを頬にあてて暖をとっていると、あの小さな体にどれだけの熱容量が宿っているのかと正直びっくりする。

僕に熱を奪われて興味を失われた観光地のような侘しさを漂わす肉まんへの弔いの意味もこめて、寒さで硬直したままの背筋をなんとか深々と折り曲げる。

僕は時間の関数である。僕だけに限らず多くの人は時間の関数なのではないだろうか。見えてくる。一見連続的に見えた空間に浮かぶ逆関数は、ある方向から見れば不連続だったんだ。

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

カレンダー

12 | 2006/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する