FC2ブログ
憂き身を窶す丑三つ時//面白い夢を見たときは、忘れないようにしたいものです
2006/01/31 (Tue) 薄味の炊き込みご飯は言い訳にすぎない

さて、私こう見えましても風邪を患っておりまして、風邪ではなく己が部屋の醜悪さに喚起せらるるところの疫病ではないかとも思う次第ではありますが、ともかく学校ではマスクを付けての生活を強いられております。

そうしておちおちラックトップに表示された論文なんぞに目を通しておりますと、ふとした時にそのディスプレーに自分の顔が映りこむことなどもあるわけです。星が瞬くのは空気が汚いからだ、田舎の夜空に浮かぶ満天の星は瞬くことなどない、などというさほど意味は為さずとも何故か頭に残る小説の一節のような情報を思い出し、自分の顔もディスプレーに映ったり映らなかったりするのはきっと同じ事情なのだろうと悩ましげな顔になってみると、それがまたディスプレーに投影されるという無間地獄であります。

こんなのは嫌だと焦点をずらしてみようものならば、ますますと浮き彫りにされるマクロな性質達。マスクにメガネにヘッドフォン。とある掲示板に犯行声明を出して群衆が狼狽する様を楽しむ猟奇的犯罪者にしか思えないのです。

どなたか早急に格好の良いマスクの開発を。木村カエラが小物使いとして取り入れられるようになる日が待ち遠しくて。

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(1) |


| TOP |

カレンダー

12 | 2006/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する