FC2ブログ
憂き身を窶す丑三つ時//面白い夢を見たときは、忘れないようにしたいものです
2006/02/01 (Wed) 誰も触らない木箱

また2月1日が来た。

自分だけの記念日というものをあえて作るならば、僕はこの2月1日を選ぶ。6年間を過ごした中学高校の受験の日。

もし落ちていたら、きっと僕は全く違う人生を送っていただろう。人生なんて選択の連続だし、選択していくことこそが生きるという意味でいうならば、僕の2月1日もたった一つの二択に過ぎないかもしれないけれど。

実験室の掃除も割りと真面目にやったし、今日は久々に家で酒でも飲んでみようかという気にもなる。

やっぱり何か大事なんだよ。

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(2) |


| TOP |

カレンダー

01 | 2006/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する