FC2ブログ
憂き身を窶す丑三つ時//面白い夢を見たときは、忘れないようにしたいものです
2006/02/14 (Tue) すごい勢い

さて。

学校で机に向かっている限りバレンタインなんて遠い異国での出来事のように感じられ、鼻をかすめるのはチョコレートの甘い匂いではなくてくしゃみを誘発する粒々の日常で。

そんなことを考えてたら信号無視しちゃって、どーーんと思い切り轢いた女子高生のカバンから飛び出したチョコレートがフロントガラスにへばりつくのは果たしてロマンチックなのか惨劇なのか、それすらも分からない状況である。

今週号のアンアンやら何やらって雑誌にはやっぱり恋の話が多かった。読んでみていつも思うのは、アンケートした人の意見なのが2行くらいにまとめられていること。この意味の無い日記だってもう10行くらい書いてあると言うのに。そういう性質のものじゃないでしょう、と思ってしまう。

だから今日はアンアン、もといバレンタインへの復讐として、あいつらが二行で済ませたことをづらづらと述べてやるんだ。

テーマ:友達としては大好きだけど、恋愛感情は無い女の子が自分に恋心を抱いていると分かったらどうする?

「ごめん、そんな風に見れないんだ」とか
「友達としては好きなんだけど・・・」

アンアンではそんな答えだろう。別に答えは何でも良いとも思うんです。きっとこういうのは答えを導く過程の方が大事なわけで。

リンゴは赤い。
海は割れる。

そんな単純な述語関係で表せるほどこの問題は簡単ではないだろう。それは僕の置かれている状況とか色々な要因が相互作用していて、何を選択して何を取捨するか、そんな泥仕合の様相を経るような気がしてならない。そして、もっと第一義的な恋愛観が問われているのだと思う。

ただどんな言動をとるにも大事にしたい前提というか、ルールにしたいことがあって。それはこのことがきっかけで疎遠になったり、その子との関係にヒビが入ってしまったりということは避けたい。大事な友達を失うのは結構辛いですからね。

僕にとってのこの問題の最大のポイントは、友達として好き、恋愛感情の違いであり、友達と彼女の違いであると思う。そこをはっきりさせた上で、立脚していく様々なシチュエーションに答えていくべきではなかろうか。

まず結論から言ってしまえば、僕にとっては友達として好きも恋愛感情も差は無いと思う。どちらの場合も、「一緒にいて楽しい」「この人はなかなか見所がある」「親の顔が見てみたい」、そんな気持ちを抱かせてくれることなんだろう。大事な友達がレイプされても、彼女がレイプされても、きっと僕はそのレイプしたラグビー部員のことを肉体改造に4年間費やしたとしてもぶん殴って半殺しにしてやると思う。それは
ただ実際に友達という関係性であるのか、恋人という関係性であるのかに応じて、行動の幅と責任に違いは生まれる為にどちらかの表現を選択しているに過ぎないのではなかろうか。そう自分ひとりだけの問題じゃないから。

例えば一般的にはセックスは恋人としなさいよ、と考えられていて。セックスフレンドとしてまかりとおっているパラダイムは友達という関係性においてもセックス出来るという主義を持った二人でなければ成り立ちえない。足の人差し指が親指より長い男でないと付き合えないわ、というのが相手の確固たる哲学だったならば、それを満たさない自分が恋人になりたいですと表明することは恋人にはなれないというだけでなく、友人として築き上げていけただろういくつもの楽しい思い出とかをすり減らすことにつながってしまう気がして。

つまりは、ある人と最善の友好関係になるために、友達であることがいいのか恋人であるのがいいのか、相手がどう感じているのかによって選択しているのであり、その大元となる感情自体には大きな差は無いということである。

これを踏まえてみると、先ほどの問題は

テーマ:一身上の都合により、好きでありながら今までは友人として付き合うことを選択していた女の子が実は自分に恋心を抱いていると分かったらどうする?

このように言い換えることが出来るんじゃないでしょうか。

こうみると、「何だよ早く言ってよ、付き合う、付き合う」と二つ返事で答えてしまいそうですけど。

しかしながら、やっぱり友達から恋人へ変わることによって生じる行動の幅の広がりに対応出来るかは慎重に吟味しなければならないわけで。つまりは付き合うに足る友情だったのかどうかということ。
そういうことも踏まえた上でこの問題にどう答えるかを具体的に検討していきたいわけで。その為に僕が重要だと思う状況にまず場合わけしてみよう。

1.どういう方法によって相手が自分に気があることを知ったか。

・その子に直接なんらかの手段で打ち明けられた
・友達づてに「あいつお前に気があるみたいだよ」
・自分の第六感でピンときた

最初に書いた「その子に直接告白された」ってのと他の場合では違いが生まれる気がする。

まず意味合いにおいてである。僕とその子はすごい仲が良くて、それまで友人としての関係性でやってきた以上、その子も僕がその子に対して友達としての感情しか抱いていないということは察していたはずだと思う。それでも伝えざるを得なかった、その結果疎遠になってしまうかもしれない、そんなリスクを背負ってでも打ち明けてくれたら、ちょっときゅんとしてしまいそうじゃないですか。

そして方法論的な側面から言えば、直接告白された場合でない限り時間の猶予があるということ。すぐに答えを出す必要が無いということ、ゆっくりとその後のことを考えられるということ。

2.自分がその時点で誰かと付き合っている

これはもう泥仕合だと思う。同じ土俵の上に上がってしまうわけですからね。そりゃ今いる彼女をそんなに容易くないがしろにするような真似はしないにせよ、それでも「彼女いるからさ」といって一蹴するのも違うんだと思って。それこそ溺れる二人のどちらを生かすかの問題にも似ていて。何て偉そうなことを書いているんでしょうか。ちょっとひいてきました。二人とも生かそうみたいな考えもあるのかもしれないけれど、例え二人とも舟に乗せられてもその後両者植物状態に陥ったような状態になってしまうのは目に見えていますからないだろうと。

さて、そろそろ結論を言っても良いような気がします。

・直接伝えられ彼女がいない時

感激のあまりぎゅっと抱きしめて付き合っちゃいそうです

・間接的に知って、彼女がいる時・いない時

そのまま様子を見る中で可能性を探っていく。

・直接伝えられ彼女がいる時

これは本当に難しいなあと。やっぱりその場じゃ答え出せないから何とか時間を稼ぐ方法を探すだろう。手軽なところでは、「えええええ」と驚きのリアクションを取る時に足を滑らせて失神してしまうということだろうか。「ちょっと時間頂戴」って言葉にして言うのって残酷なことだと思うから。

こんな感じですかね。長々書いた割りに結果的にはさらっとした答えでしたね。

最後に、もし僕がこの女の子の立場にあるとしたら相手が僕に恋愛感情無いと分かっているのにそれを打ち明けることは出来るのだろうか。いつの日か沸点を超えてしまったら決着をつけざるを得なくなるんだろうか。それとも理性が感情を支配してそのままの安寧な幸福感で満足し続けるのだろうか。

なってみないと分からないな。



スポンサーサイト



恋の話 | trackback(0) | comment(1) |


| TOP |

カレンダー

01 | 2006/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する