FC2ブログ
憂き身を窶す丑三つ時//面白い夢を見たときは、忘れないようにしたいものです
2006/03/18 (Sat) 老人会の穏やかな空気

人間いくらでもやり直しがきくという考え方がある。

僕はその考えが好きだし、是非ともそうであって欲しいと思っている。

でも失ってしまったものはやっぱり帰ってこないし、いくらでもリセットできるんだったら今という瞬間の大切さは軽んじてしまっているとも思える。

ぼ く は

と字を連ねていく間にも何か決定的なことが損なわれてしまっているのかもしれないけれど、それでも

き み は

と字を連ねて何かを得ようとしてみたい。

常に正解を連発することは難しい。きっとありえないだろう。だからたとえ漢字の小テストであっても第一志望の入試であっても、絶対に満点をとりたいと思うものだけは新興宗教の高い壺にすがってでもいいから。

一時期は満点をとろうなんて気持ちを無くしてしまうことが、最大の術だと思っていたけれど、今はそんな風に思わないようにしてよかったと本当に思うし、だから毎日が楽しいんだろう。

光速で走って真横からぶつかってくる雨を体に刻んでいきたい。

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

カレンダー

02 | 2006/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する