FC2ブログ
憂き身を窶す丑三つ時//面白い夢を見たときは、忘れないようにしたいものです
2006/05/17 (Wed) 鴉を叩き落とす道具

150キロもある肉を目前にすると、人は無口になるのでしょうか。

それともただ、疲れていて機嫌が悪かっただけなのでしょうか。

少なくとも、目を痛めながら切り続けた300個近くの玉葱が誰の口にも触れることなく捨てられていく様は閉口せざるを得ませんでした。

けれど、ほたてを開いたり、肉の嵐を巻き起こしたりするのはオフィシャルな学生生活の一環として得られる経験でもないだろうと、研究室の机につっぷして寝てしまうのもそんな充実感がもとだったのかもしれません。

さて、腕まくりでもしましょうか。

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

カレンダー

04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する