FC2ブログ
憂き身を窶す丑三つ時//面白い夢を見たときは、忘れないようにしたいものです
2006/05/21 (Sun) 虚無への供物




ドグラマグラなどと並ぶ三大奇書の中の一冊。

ドグラマグラを読んでいたので、何が奇書なのかと思ってしまったけれど、推理小説という枠の中で考えたらそういう見方をされるのだろうか。

推理小説というジャンルはあまり親しみが無いけれど、この本はとても面白く読めた。純文学としての毛並みが強かったからだろうか。

登場する人物達が、勝手にはじめた推理ごっこが偶然とはいえないくらいに事件とリンクしていってしまう。まるで、その推理ごっこが事件を引き起こしてしまったのかというくらい。

この小説を書き上げる為に10年近く費やしたそうです。

そりゃあ大作になるはずだ。

スポンサーサイト



文庫 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

カレンダー

04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する