FC2ブログ
憂き身を窶す丑三つ時//面白い夢を見たときは、忘れないようにしたいものです
2009/01/17 (Sat) アナルの開発

僕には、僕にまつわる決定的な事項が無いように感じられる。

最近大江健三郎の本を読み返したり、新たに読んだりしているが、彼には障害を持った子供という圧倒的な主題が存在する。または、四国の田舎での経験がある。まあ、こちらは大江の才能から際立った印象を得るのだろうが。

僕もそのようなものが欲しい。ということで、アナルを開発してみたい。一種のアイデンティティーになりはしないだろうか。

「菊門の春は遅い。そもそも汚穢の洞穴として、光の射すことのない暗闇にどのような種類の暖かさが存在しうるのだろうかと思うかもしれない。しかしながら、肛門は最も鋭敏な触覚器であり、はっきりと外部を知るのである。」

こんなことを書いてみたい。


スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP |

カレンダー

12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する