FC2ブログ
憂き身を窶す丑三つ時//面白い夢を見たときは、忘れないようにしたいものです
2005/07/24 (Sun) 俗物が

今日は25時間テレビがやっていたみたい。

深夜のさんまと紳助が面白話を展開するあたりからかま騒ぎが終わるところまでしか見なかったな。

昔はとんでもないテレビっ子で、25時間テレビだのといえば岩手めんこいテレビのしょうもない企画とかでも食い入るように見ていたし、武道館に24時間テレビを応援しに行こうという友達の誘いを、いやテレビはテレビの前にいるからこそベストの状態でぼくも向こうも向かいあえるみたいなこと言って断ってたりした。

でも、最近あんまりテレビを見なくなったかな。まあ音楽聴く時間とかPCに向かう時間が増えたこともあるし、テレビ番組がちょっとつまらなくなっていることもあると思う。

それは、本当に番組がつまらなくなっているんか、ぼくの壷がテレビが作り出すものつまりマスへと発信されたものと乖離しているということを表すのかは、あまり定かではないし、きっとぼく個人ではその問題には答えを出すことは出来ないのだろうと思う。

ナイナイナが復活すれば、ぼくは今すぐにでもテレビっ子に戻るというのに。ナンチャンのつまらないスポーツの番組なんかやってる場合じゃないでしょ。

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<我が歴史はふんわりの歴史なり | TOP | カルビアンドオブザベーション>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mozukubiyori.blog10.fc2.com/tb.php/100-84a45d39

| TOP |

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する