FC2ブログ
憂き身を窶す丑三つ時//面白い夢を見たときは、忘れないようにしたいものです
2005/08/16 (Tue) like a breath-taking

お店の前に座ってぼぉーっとナタデココドリンクを飲んでいると、ふとセレブみたいな姉妹が車庫入れしているのが目に入った。

サイドミラーを懸命に覗く姉セレブ。

女がサイドミラーを覗く時に垣間見せるしまりの無い顔というのが僕はかなり好きである。

どうしようもない馬鹿面、口をぽかんと開いて指突っ込んだら飴玉が5個も6個も出てきそうな顔・・・

教習所で学科と実地の間時間があるときは、ポールに近づけたり車庫入れをするためにサイドミラーを覗きこむ女がいないもんかなと窓からコースを眺めていた。
教習所で知り合った人にこのこと言ったら、車庫入れフェチじゃん、て言われて心外だった。そういうことではなくて。

そんな表情を見せてくれると、この人も人間だったんだってふと感じられて安心できるってのが好きな理由なんだろう。普段完璧決め込んでる感じの人のほうが尚更そう感じるんだろう。

今日のセレブはその点完璧だった。あー、準セレブと言ったほうが正しい。セレブへの道はまだまだ遠いだろうけど、僕は今のままの君で良いんじゃないかと思う。

まあ、これを読んでてクール決め込んでる女の子、落とし穴はすぐそばにあるから気をつけると良いですよ。

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<はるばる | TOP | すぽっと抜け落ちていたもの>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mozukubiyori.blog10.fc2.com/tb.php/125-f8d55fe5

| TOP |

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する