FC2ブログ
憂き身を窶す丑三つ時//面白い夢を見たときは、忘れないようにしたいものです
2005/10/12 (Wed) 救心 ラッキー一発変換

新潮新人賞を受賞した田中慎弥さんの「冷たい水の羊」を読んだ。

ネタばれとかはしません。

この人は高校を卒業してからバイトも仕事もせずにずっと家で本を読んだり、執筆活動に勤しんでいたらしい。お母さんと二人暮らしなのにもう十数年家に引きこもっていたようで。

何かそういうのずるいなあと思いながらも、町田康だってそんなノリだし、でも町田康ほど退廃的な色は無いしと思いつつ。

きっとこの人もいじめられてたのかなあなんてちょっと思った。

さすがに賞をもらうだけあって表現も構成もしっかりしていて、状況の展開→情景の描写→心情の描写 とか小説として成立すべき要件を満たしていてなるほどこれは素晴らしいと思った。

受賞のインタビューは結構面白かった。

何か輝くものがあればどんなに良いことか。

正六角形みたいな人間の僕には到底たどり着けない段階だ。

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<遠回りして帰る | TOP | 暴徒と化した足立区民>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mozukubiyori.blog10.fc2.com/tb.php/191-a735ee3f

| TOP |

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する