FC2ブログ
憂き身を窶す丑三つ時//面白い夢を見たときは、忘れないようにしたいものです
2005/12/19 (Mon) ミハイロビッチの様に




今日は編み物を教わる為に友達の女の子に家に来てもらったんだけど。お菓子とかビールとかを乗せる為にコタツのテーブル部分だけを部屋の片隅から引っ張り出してきたら、その裏から彩名杏子の等身大パネルが出てきた。

「これ良いでしょ」

と言うと、心から羨ましそうにしている様子だった。

そもそもなんでこんなものが家にあるかといえば。

僕はかつて自分達のサッカーチームというものを持っていまして。僕らのチームはサッカー部じゃないけど運動神経がいいからサッカーもそこそこできるんです、みたいなメンバーが半数以上を占めていたから、当然バリバリの経験者を揃えるような草サッカー界では中の下くらいの立場だった。普通にやったら何の見所も無いサッカーチームだから、せめて面白おかしくやりたいよねえっていう願望はあって。

その一つの手段として、AV女優のHな等身大パネルを壁に使ってフリーキックの練習をするというものがあった。AV女優の首の横あたりをカーブシュートがぐんぐんきれてゴールに吸い込まれるという絵はなかなか面白いだろうなあという想像があったし、実際やってみてもとても面白かった。

僕は目標を定めたら、それの為に尽力するという傾向があり、それはその目標がくだらなくなればなるほど顕著になるようだったので、当時は国道6号線を福島あたりまで走らせて、その沿線にあるH屋さんに等身大パネルをくださいという交渉をし続けたものだった。等身大パネルを片腕いっぱいに抱えながら自転車に乗ってふらふらしながら事故りそうになるような自分がとても好きだったし、こんな風に死ねたらとても素敵だろうなあということは今も昔も代わることは無い。

結局6体くらい集めた。家に収まりきらない分は軽自動車の後ろの収納部分にしまっておいて、いつでも取り出してフリーキックの練習を出来るようにしておいたりしたけれど、チームの解散と共に使用頻度も減り、いい加減邪魔だなあと思ってこの一体を残して捨ててしまった。

等身大パネルを横に彩名杏子のAVを見たら、その世界によりのめりこめるかなあと思っていたが、決してそんなことは無かったのは結構ざんねんだった。僕はAVが好きな人間では無いのだな、ということを痛切に感じた瞬間だったし、男として持っておくべき能力の欠如に苛立ちを覚えたものだった。

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(3) |


<<食虫植物 | TOP | 吉原炎上>>

comment











管理人のみ閲覧OK



「今日は編み物を教わる為に友達の女の子に家に来てもらったんだけど。」

このシチュエーションがどんなAVなんかよりよっぽろエロい。
ついうっかりもずくさんと女の子が毛糸に絡め取られてもがいているうちに2人の衣服が乱れていく様子など想像すると、もっと学生時代はじけておくべきだったとちょっともったいない気持ちになります。

2005/12/20 10:49 | れおん(甘党) [ 編集 ]


H屋さんってのが気になります。

あとAV女優じゃないけど夏目理緒が好きです。

2005/12/20 12:52 | クレディ [ 編集 ]


>れおんさん

セックスレスですか?

>クレディ

ただのAV屋のことを僕の仲間うちではH屋さんと称して神聖化しているのですよ。

夏目理緒さんの何に魅かれたのは分からないけれど、例え彼女が自分の寝る場所がなくなってでも捨て犬を拾ってくるような人でも僕は無しですわ。

2005/12/21 03:06 | もずく [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://mozukubiyori.blog10.fc2.com/tb.php/269-4d742f94

| TOP |

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する