FC2ブログ
憂き身を窶す丑三つ時//面白い夢を見たときは、忘れないようにしたいものです
2006/01/13 (Fri) リモコンどこだっけ

今日は多く電話した。

図書館からの督促だったり、お母さんからの買い物の指令だったり、友人との他愛無い会話だったり。

他愛無いというのは無礼にあたるか。

彼のおじいさんがなくなって、その形見の柿の種をぜひ一緒に食べようというものだった。お互い信頼しあう珍味仲間としての言葉で、とてもうれしかった。

形見の柿の種。いつもみたいにぼろぼろこぼしながら食べるわけにはいかないだろう。掬ってみたらピーナッツだらけで絶望したりするわけにもいけないだろう。

重いなあ。

おじいさんは精密機械工学の教授か何からしく、柿の種を作る機械を開発するのに一枚噛んでいたらロマンチックだろうねえ、なんて夢想に耽ったり、俺は死んだら豚足と一緒に海に流してもらうんだ、なんて言ったり。

やっぱり与太話である。

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<空嘔 | TOP | 韓>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mozukubiyori.blog10.fc2.com/tb.php/295-35f698f0

| TOP |

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する