FC2ブログ
憂き身を窶す丑三つ時//面白い夢を見たときは、忘れないようにしたいものです
2006/01/14 (Sat) 空嘔

大衆用のトイレに入っていつもぎょっとすることは、何をそんなに小便をきることがあるのだろうかということ。足の屈伸運動と小手先のちんこのスイングを連動させて、一流のスポーツプレイヤーのフォームのように。

もう4回くらい死んでるんじゃないかな、ってくらいに念入りにとどめをさしつづける。

何の為のパンツなのだろうか、と訝しげな目つきになってしまう。ちょっと汚してください的な意味での下着ではないのだろうか。ブリーフとかボクサーなら締め付け云々みたいな意味合いも大いに感じ取れるのだけれど、トランクスはもろに毎日Gパン洗わなくて良いようにね、ってモチベーションに支えられていると思っている。

一度も日の光を見ること無くその生涯を終える蝉の無念を考えてみてほしいと思う。

ズボンにまで引っかかっちゃって、一緒にいる人のところに戻るまでに痕跡が消えるくらいには乾くだろうか、なんてギャンブルをするくらいが丁度良いと思っているくらいである。

僕は物質的に汚いものに対する抵抗はそんなにないようで。ベストジーニストになれないならマテリアリストにもならない。

あんまし関係ないけれど、これはあるあるなのだろうか。

洋服屋さんに行ったときに

「お客様が今お召しになっているパンツより深めの色ですね」

とか言われるとはっとしてしまう。

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<ねじだけは分からない | TOP | リモコンどこだっけ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mozukubiyori.blog10.fc2.com/tb.php/296-ddb23e1a

| TOP |

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する