FC2ブログ
憂き身を窶す丑三つ時//面白い夢を見たときは、忘れないようにしたいものです
2006/01/20 (Fri) 羅針盤上の死闘

僕のいる研究室で以前に教授として活躍されていた先生がご逝去されたということで通夜に行ってきた。

逗子というところ。フォーマルな装いのまま足を運ぶにはいささか遠すぎた。

僕自身は一度も面識が無くて、初めてお顔を拝見するのが通夜というのはさすがにさびしいものがあるなあと感じた。

それにしても、ああいう厳粛な場で何をしゃべっていいのか分からない。それはきっと葬儀とかの経験が乏しい為に情報が不足しすぎているのに因るのだろうから仕方無いと諦めていたけれど。

結核って選ばれし者って感じしますよねえ、なんてことはきっと言っちゃいけないんだろうなあなんて自分の中に黒マジックで×をつけていく作業は何だかめげそうになってくる。

話は変わるけれど夢の中で金曜祝日で休みだから三連休だなあってくだりがあって。それを鵜呑みにして現実に戻ってきても、「あ、今日は休みだからねてられる」なんて思ってガンガンに二度寝をしてしまい遅刻をする。

ただの寝坊です、って言って謝るのは悔しいし、夢の中のお父さんに文句も言えないし、やり場の無さにただただ呆然とするしかないのだろうか。

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<じわりじわりと迫り来る | TOP | 見たことないわ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mozukubiyori.blog10.fc2.com/tb.php/304-d2314d05

| TOP |

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する