FC2ブログ
憂き身を窶す丑三つ時//面白い夢を見たときは、忘れないようにしたいものです
2006/02/12 (Sun) 半島を往復しても

そういえばの話。

そういえばこの前最寄り駅で小学校の同級生を見かけた。おそらく10年ぶりくらいになるのだろうが、全くといっていいほど体型が変わっていなくてぽっちゃりしていた。ぽっちゃりの範疇に収まらないくらいかもしれないが、ちょっと細身のシルエットであろうコートへの敬意も表してぽっちゃりという言葉を使ってみようと思う。

彼女が転校生だったのか一年生の頃からいたのかは定かではないのだけれど、5,6年生しか思い出が無い。思い出といっても同じクラスになったことは無いので、声の大きな人だなと森公美子とのアナロジーからある種の法則性を見出そうと仕掛けたり、僕が理科系へとなっていくきっかけ作りに役立ってくれたとかその程度のものなんだけど。

それでも学年一ぽっちゃりしていた彼女の話は結構耳にすることが多くて。

「あいつんちって家族三代にわたってぽっちゃりしているんだってよ」

という話が一番印象に残っているだろうか。確かに授業参観の時等に廊下ですれ違う見知らぬ父兄の中で、あのお母さんは彼女のお母さんに違いない、と思ったこともあったし。

確かに僕もお父さんやお母さんに似ているところがあるしな。

そんなことを思ったに違いない。

そして先日のこと。

彼女は痩せたいなと思ったことがあるのだろうか。それはきっとあるんじゃないかと思う。いくら激しくダイエットしようが体重に反映されない体質なのだろうか。それともダイエットしようという意欲をかき消すような化学物質の血中濃度が高くして生まれたのだろうか。

両親やその上の代から何かを遺伝して生まれ、それによって僕はかなりの制限を受けているとも思えるし、そんなものは大した制限にもならないとも思える。

ギャルソンの洋服が似合わないのは、生まれながらの中肉中背のせいなのか、肩掛けカバンに敵軍の急襲に備えて泥団子を入れている精神性のせいなのか。

それらを疎ましく思うような年代が過ぎ去ってくれたことに乾杯!

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<パーカーのフードをもっと増やせ!! | TOP | 二列縦隊から二列横隊へ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mozukubiyori.blog10.fc2.com/tb.php/329-66b31b83

| TOP |

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する