FC2ブログ
憂き身を窶す丑三つ時//面白い夢を見たときは、忘れないようにしたいものです
2006/04/07 (Fri) 重い

gravitationを真面目に読んでみようかと思います。


プラズマを勉強しているわけですが、何か一つこれだけは研究室の誰にも負けないというものが欲しいのです。

そう、それで相対性理論。

早速読んでみましたが、一般相対論の概念を説明する一章の寓話みたいなやつはなるほどなと思いました。

1.世界は局所的に見れば平らである。 

りんごの皮をちょっとむけば、正方形が得られるように

2.それより大きな領域で見るならば時空は曲がっていて、その曲率が重力となり物体の運動を規定する。

りんごの上を歩くように

3.そして物体が時空の曲がり具合を規定する。

りんごの茎がそのまわりのくぼみを作るように


これであなたもアインシュタインの気持ちはほとんど分かったはずです。

スポンサーサイト



お勉強 | trackback(0) | comment(0) |


<<大橋 | TOP | 罵詈>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mozukubiyori.blog10.fc2.com/tb.php/386-45c5e795

| TOP |

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する