FC2ブログ
憂き身を窶す丑三つ時//面白い夢を見たときは、忘れないようにしたいものです
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2006/04/15 (Sat) ありがとう 山下君

僕はいつまでフォーマルな格好をしても子供みたいに写っていられるのだろうかか。写ってしまうのだろうか。いい加減終わりにしてしまいたいものである。全てのものには始まりと終わりがあるというのに。骨になってはじめて、だなんて許されない。

昨今の度重なるライブで散財してしまったので、日雇いのバイトとやらに参加する運びとなった。セレブなパーティーで官能的な男性の匂いを発散させるはずだったのに、リクルートの子会社の決起集会後の立食パーティーでウエィターまがいのことをする羽目に。

どうしてビッグサイトでやる必要があったのだろう。コンサートばりの照明効果、スクリーン、花道などは、社長の若き頃のロックスターへの憧れを反映したものだったと信じたい。

まあ、様々な世界を見ることは勉強になるし楽しいから良かったのだけれど。

その決起集会は本当にむかむかして。

それまでそこで知り合った男の子と同じようなやる気の無さ、若者がスタイリッシュを決め込む時にかもし出すようなそれではなくてもっと本質的な何か、でよろしくやっていたのに無口になってしまったじゃないか。

年間で一番利益に貢献したと讃えられた人が発した

「営業はやればできるもの」

って言葉はもう本当に。

パリッとしたシャツにジャケットとジーンズをまとい、短髪をワックスで上手に仕立て上げるというステレオタイプみたいなやり手が続々と壇上にあげられたり。近年の好景気、ビジネスという小社会、いやもしかしたら社会をそのまま小さく投影したような会合で。

ああいうのは向いてないだろうな、と心底感じた。

てきぱきこなして金は稼げても、余興ではTVショーのパロディーしか出来ない貧困。きっと大切なものが違うのだろう。少ないコストで1500人にまんべんなくそれなりにうける、そういうことなんだろうね。

そう、きっと数億円くらいかかる決起集会で目の色を変えた社員達が何千億円と稼いでくる。その為ならいくら食べ物を捨てようが、飲み物をドブに流そうが良いのだろう。

でもそれは僕には投資とは思えない。

「無駄なパーティーで、無駄に食物を捨て、それを無駄な人材が処理する。世の中は無駄が支えている」

裏にいた誰もがそう思ったのではないだろうか。

コックさんが一生懸命作ったミートソースが誰の手もつけられることなくゴミ箱へと流されていく時、小便をひしゃくにいれて六本木ヒルズの上からかけて合掌をしてやりたい気持ちになった。

くそったれ

スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<自己破産上等 | TOP | ズーみんぐ>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mozukubiyori.blog10.fc2.com/tb.php/395-ad55a86c

| TOP |

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。