FC2ブログ
憂き身を窶す丑三つ時//面白い夢を見たときは、忘れないようにしたいものです
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2006/06/14 (Wed) 若き日の順当な決着に黎明を

そんなの恥ずかしくて言えるかよ、というような言葉があります。

例えば、

「もう一つ上のサイズをください」

だったり

「ミディアムレア」

だったりと、その分野は多岐に渡るわけですが。

今日、ひょんとしたきっかけからその一つを言うはめになりました。ここに書きさらすのも恥ずかしいので、そんなことはしません。

僕は何をするのが一番恥ずかしいのでしょうか。

四つんばいになっている状態で、なおかつ肛門を眺められるというのは、なかなかに恥ずかしそうです。きっとその後、きっぱり命を捨てると思いますし。

格好良い洋服を着るのもかなり恥ずかしいですね。大人のお洒落みたいな服装です。多分、破いてでもカジュアルにしようとするでしょうし、よだれでピンクに染め上げるとおもいますし。

まあ、はずかしいことをさせられて辱められるのには、あんまり抵抗がないんですけどね。とても自然な流れで、辱めて欲しいものです。





何度言おうと思っても、どうしても喉から声が出てきません。

スポンサーサイト

未分類 | trackback(0) | comment(0) |


<<だから目がないっつうの | TOP | 壊れる前の>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mozukubiyori.blog10.fc2.com/tb.php/455-b51a8a88

| TOP |

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。