FC2ブログ
憂き身を窶す丑三つ時//面白い夢を見たときは、忘れないようにしたいものです
2005/07/07 (Thu) 世界で一番不運で幸せな私

b0041912_17252683.jpg



またもWOWOWでやっていた作品。なんか一時期騒がれていた気がしたので、HDDに録画しておいた。

フランス映画なのできっとおしゃれな感じに仕上がっているだろうと思っていたが、やはりそのとおりだったようだ。時折奇妙な世界観に切り替わるところがなんともフランス映画っぽかった。まあ、フランス映画が何たるかを語れるような人ではないんだけど、単なる偏見として。

以後ネタばれがあるかもしれないし、ないかもしれません。

幼馴染同士がゲームと称される悪戯、まあ年を重ねていくうちにその規模もレベルも上がっていく、を通じてお互いの存在が唯一無二のものになっていき、いつしか愛情を感じていた・・・ そんな感じだったのかな。

だから話は少年期、青年期、成人期という時系列にそって展開していくが、青年期のこの二人組の関係は、自身に照らし合わせてもなんだかうらやましくなってしまう。その先に破滅、彼等にとっては成就、があるのだとしても、互いが互いを必要と感じていることを口に出すことは無くてもふとした瞬間に、深層から表層へと突如として現れるマグマのような熱情を抱いているようだった。

男の方のちょっとはにかんだ笑顔が憎めなくて好きだった。

女の方は魔性の女って感じで。

二人で路上の車に堂々と乗っかってキスするシーンはなんだかいいなぁと思いました。それだけじゃなく、普段おどけているというか非日常的な光景の仲に二人の愛情というのが出てくるので、なかなか珍しい絵だなあと結構印象に残っているカットはたくさんあります。

まあでも最後一緒に死ぬってのは、納得いかないかな。

スポンサーサイト



映画 | trackback(0) | comment(0) |


<<斜め右下 | TOP | UGO (Unidentified Grounding Object)>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://mozukubiyori.blog10.fc2.com/tb.php/79-dcba6bbb

| TOP |

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する