FC2ブログ
憂き身を窶す丑三つ時//面白い夢を見たときは、忘れないようにしたいものです
2005/07/22 (Fri) 夏

今日は品川に行く用事があって、そうだそうだと思ってクレディに連絡してみたら、暇だと言うので急遽一緒に豚足を食べに行った。

彼とはこのブログ上でも幾度も豚足のあるべき姿、21世紀において豚足が少し担う役割、等について熱い舌戦を繰り広げてきたのは皆様も周知のことと思う。

まあ、兎に角、豚に足、5時に新橋に集合しようということだった。

しかしながら、30分くらい早くついちゃって駅の周辺をうろちょろしていると、どうやら新橋駅では今お祭りの真っ最中らしくて、駅前の広場がステージあり露店ありとにぎわっていたので、ちょっと眺めて待っていようと思った。

そしたらちょうど広場の僕と線対称の位置にクレディがいるではないか。
「ようっ」っと一瞬顔を見合わせるものの、お互いすぐに視線はステージの方へ。そう、ステージでは美人コンパニオン2人による「目隠ししてビールをここの線ぴったりまで飲もう~」というゲームが執り行われているのである。
優勝者には図書券とコンパニオン二人に挟まれてのポロライド撮影が贈呈さてるということで、僕もクレディも

「やりてえなあ。写真とりたいなー」
とすけべ根性丸出しできっと相当な馬鹿面でステージを見つめていた。

そして、第二回の参加者5名を募集する掛け声が、コンパニオンAによってあげられ、僕もクレディも大きな声をあげて手をあげる。小1くらいの威勢のよさでビシッ。

続々と参加者が才色兼備なコンパニオン連中によってピックアップされるなか、何と僕におよびがかかったのです。

絶対、めがねのおかげだ。本当感謝感謝。

いざ、壇上へ。

壇上に上がってみると、他のライバル4人のキャラが濃くて正直びびる。コンパニオンはきれい過ぎてあんまり直視できないし、かといって客席もうわ~ってなりそうだから見れなくて。何でも良いから早く目隠しをしてしまいたかった。

クレディが僕のことを羨望のまなざしで見つめていたのが、かなり面白かった。

悪いけど、先に大人にならせてもらうぜ っていう心境。

ゲーム開始。




結果は・・・・2位。ゼッケン番号5番の新橋の親父に軍配が上がった。まあ、彼は今シーズンコンスタントに成績を残していたし、順当といえば順当だろう。あ~、こういうところで優勝できないから、今ひとつ華のないキャラなんだろうなあと思った。内山君ならびしっと優勝をもっていってくれたに違いないだろうに。




悔しそうにする僕。戦場に遣り残したことがあるのだろう。中々前を向いて歩くことができない。


そしてその後豚足を食べて(おいしかったです)、祭りの別会場へ。

そこでは盆踊りが繰り広げられていて。僕は盆踊りはかなり好きだから、とてもやりたくてうずうずしていて。するとクレディもそんな僕の心中を察してくれてか、盆踊りをやる時の表情にみるみる変わっていった。

舞台は整った。




横のばばあの洗練された動きを何とかみようみまねしながら、終始笑顔で踊り狂った。

同じアホならおどらにゃ、トン トン。

クレディと付き合いすぎたのだろうか。なんだろう、この違和感は。

クレディと別れてからも友達とお酒を飲んで、とても楽しい夏休みみたいな日でした。

スポンサーサイト



未分類 | trackback(0) | comment(2) |


<<カルビアンドオブザベーション | TOP | 充実>>

comment











管理人のみ閲覧OK


兎に角、豚に足、隣に前俺らに話し掛けてきたアジア系の女

おつかれさん、あの後は最初っから酒が入っていたんで店の営業は絶好調でした。

豚足美味しかったですね。
豚足の為に集まったのに、

(おいしかったです)

と一言で終わっちまう所に豚足皇帝様の言葉の深さを感じます。

今度例の彼も引きずり・・・いや、誘ってあげようね。

2005/07/25 00:39 | クレディ [ 編集 ]


そう。

多くを語る必要は無いのだ。

その記憶は僕の血流の中に確実に刻まれたからね。

2005/07/25 23:58 | もずく [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://mozukubiyori.blog10.fc2.com/tb.php/98-262a870c

| TOP |

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する