FC2ブログ
憂き身を窶す丑三つ時//面白い夢を見たときは、忘れないようにしたいものです
2005/08/28 (Sun) 薫る




これ聞きながらふわふわのお布団に包まれて、気持ち良くお昼寝でもしてください。

テクノという土壌にポップ、ブルース、etc、様々な素養を持ち込んでいるのが飽きずに聞ける要因であるのは間違いないんだろう。

やはり人間懐の深さが大事だと言う事を認識させられる。

ありがたや、ありがたや

名盤 | trackback(0) | comment(0) |


2005/07/19 (Tue) Let me makes you SHA LA LA





ラジオでLagwagonが流れてきたので、家に帰って久々に聞いてみた。

高校の時はメロコアとかそういうのがはやってたからいろいろ聞いたけど、Lagwagonはその中では本当に大好きでしょっちゅう聞いていた。

Lagwagonを聞いていると、夏って感じします。

さあ、2005年の夏の幕開けです!!

って血が全身をかけめぐった。

16,17の夏。ものすごく遠い気がする。

名盤 | trackback(0) | comment(0) |


2005/07/09 (Sat) AWARD!!




今年ももう7月に入ったから、上半期の音楽事情を整理しておく。

今日はとりあえず、上半期に買ったり聞いたりした中で一番良かった物を。

じゃじゃん。

SYSTEM OF A DOWN 「MEZMERIZE」

ダントツでした。
割と開拓しつくされた感のあるヘビーロック市場で実力、創造性、群を抜いていると思う。この作品ではいつもみたいなワキャキャ、とかウヒョウヒョみたいなボーカルだけでなくて、多様なボーカル、多様な曲を見せてくれた。新しい魅力も含まれていたと思う。

特に7曲目の VIOLENT PORNOGRAPHY という曲は素晴らしいと思う。
これだからCDを買うのはやめられない。
バンドをやっているから割と音楽を聴くような習慣がついたが、本当にバンドやって良かったと思う瞬間である。

うちの親は浜田省吾の新作が良いとわめきちらしている。
世界は広いのですよ、お母さん。

僕の知らない素晴らしい音楽がまだまだごろごろそこら辺に転がっているかと思うと、未来は明るい気がしてくるのです。

駄目なCDとか、新人賞とかも暇を見つけてあげたい。

まあとりあえず上半期のゴールドディスクは彼等ということで。


名盤 | trackback(0) | comment(0) |


2005/06/21 (Tue) ごり押し

dillinger-escape-plan.jpg


この作品は2004年度のゴールデンディスク賞を僕が勝手にあげた作品である。

今まで名盤というカテゴリーに挙げたCD達は、ニューウェーブの雄だったり、今が絶頂のメロコア君だったりしたが、僕はそもそもハードコアというカテゴリーの音楽が好きである。

高1の頃にハードコアと知り合ってからむさぼるように聞いてきた。僕は結構にやにやした顔つきなのだが、そんな僕が屈強な男達が筋肉で奏でる8ビートを偏愛しているという状況がなんか好きだったのかもしれない。

初対面の人と音楽の話になって僕が
「ハードコアがすきなんですよ~」
って話だすと、えって顔をしてくる。人は見かけによらないんだねえって言ってくるけど、本当に僕が伝えたかったのは、能ある鷹は爪を隠すってことだったってことは分かってもらえなかったみたい。まあ僕は能もないし鷹でもないからね。フクロウが良い。時折180度首を回せるフクロウは本当に芸達者だ。能ある鷹は爪を隠している。

そんなこんなでこのDillinger Escape Planの
miss machineもハードコアな一枚。

ケイオティックなサウンドで展開もくそも無い感じだが、確かなテクニックに裏打ちされてか一本筋が通っているように感じる。

初めて聞いたときの衝撃といったらもう。

「このCDをいいという奴は音楽にかぶれてる奴だ」

みたいなことをよく言われてる。

反論するだけの知識がまだ無い。反論もくそも無いというのが正直なところというか、そういうものだと思ってるんだけど。

ハードコア好きには必聴の一枚!!

みたいなことを書くディスクユニオンのバイトになりたいと思った時期があった。思春期も盛りでしたな。

名盤 | trackback(0) | comment(0) |


2005/06/01 (Wed) 景気の良い話

jacket_m.jpg


この前なんとなく買った一枚。

まぁよく見るテレビのエンディングテーマになっていて、その曲が好きだったってのもあるんだけど。

ちょっと前までは、ビートクルセーダーズってグリーンデーとかハイスタのパクリでしょ?  何が新しいの? って思ってたけど、最近反省しまして。確かにポップセンスには恐れ入っているところがありまして。

僕がバンドマンだからか分からないけど、歌詞とかめったに気にしなくて、純粋に音として流れ込んでくる英語詞のほうが好きで。


久々に捨て曲が無いアルバムというものに出会った。

一旦良いアルバムに出会うと、そればっかかけるからCD変える手間が無くなって、ずっと机に向かってられたりするのが嬉しい。

名盤 | trackback(0) | comment(2) |


<< back | TOP | next >>

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する